入門講座

株の分析手法の基礎知識

株の分析手法の基礎知識
本書は長期投資の観点から投資手法を解説しています。またバリュー・グロースの投資タイプで言うと、どちらにも当てはまるのではないかと思います。(中略) 投資解説書でよく引き合いに出される次のような例え話が本書を出典としていることも知りました。(中略) ・下落している株を底値で拾おうというのは落ちてくるナイフを素手でつかむようなものである。ナイフが地面に突き刺さった後にしっかり止まってからつかむのが正しい。 私が本書で一番印象に残ったのが、各企業を低成長株、優良株、急成長株、市況関連株、業績回復株、資産株の六つに分類分けしてそれぞれの分類ごとに投資方法を変えている点です。 市場には非常に多くの企業が上場しています。その企業の株価はそれぞれの企業の特性に応じた値動きをします。自分が投資する企業の分類に対応した投資戦略を練るのが大切です。また自分の最も成功する可能性のある分類の企業に絞って投資するという方法も考えられると思います。 引用:Amazonレビュー『ピーターリンチの株で勝つ』一部省略

優良な割安株の見つけ方と割安株探しに便利な財務分析ツールの使い方と注意点のまとめ

割安株の見つけ方

割安株(バリュー株)投資

投資 まなぶ

路井 なびお

割安株を探すのにおすすめなのは、 企業価値評価手法 です。収益性と資産性で総合評価するため、納得感が高く、投資判断に役立ちます。 無料で使える分析ツール もありますので、仕事や家事・育児で忙しい投資家の方におすすめです。

本記事では 割安株の判定方法や見つけ方、割安株探しに便利なツール などについてまとめます。

割安株(バリュー株)投資の考え方とは

割安度の基準となる、理論株価の考え方

割安株の見つけ方(計算方法・スクリーニングツールなど)と注意点

業績・財務が良好な割安株ランキング

割安株投資におすすめな証券会社

割安株(バリュー株)投資でおすすめのブログ・投資本

実は、企業価値評価手法を使うことで、 妥当な株価(=理論株価) は計算できます。

理論株価というと難しそうに感じますが、 無料で使えるツール もありますので、実はそんなに難しくありません(もちろん活用する上で注意すべき点はあります)。

株のうねり取り手法の精度を格段に高めるリーディング練習のやり方

練習方法

相場師朗氏のリーディングトレーニングとは?

リーディングトレーニングに使用する道具

リーディングトレーニングのやり方

  • 5日移動平均線( 赤 )
  • 20日移動平均線( 緑 )
  • 60日移動平均線( 青 )
  • 100日移動平均線( 紫 )
  • 300日移動平均線( オレンジ )

リーディング練習を行う際のコツ

練習はただ漫然と行っていたのではあまり身につきませんが、相場先生が教える売買シグナルを 「発見しながら」 練習を行うと、驚くほど技術が上達します。

追記1:チャートをプリントアウトしてリーディングトレーニング

私は、この「コメントを書き込む」という作業をすることで、より理解が深まる感じがします。

追記2:私がチャートの印刷に使っている無料ソフト

追記3:24インチのモニターを使ってリーディング練習

「株塾勉強会」で教えているリーディング練習法

相場式は安易な付け焼刃的な結果ではなく「練習法」にこだわります。

「株式投資がうまくなるのも練習次第」だからです。

下手な練習をいくら続けても、何事も上手くなりません。優れた師匠やコーチのもとでしっかりとした練習を重ねることが株式投資上達の秘訣なのです。

(一生モノの株のトリセツ 相場 師朗 (著)より引用)

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

「もの別れ」鉄板パターン探しリーディング練習

集中して延々と株トレードの練習ができるようになる秘訣とは?

リーディング練習では下値切り上がりと高値切り下がりを意識して30年分やってみる

相場師朗先生の株塾入会案内

TradingViewのご案内

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

初心者向けセミナーです全くの初心者からでも大丈夫: 多変量解析入門【Rによる実演】

多変量解析とは、複数の変数からなるデータを統計的に分析する手法の総称です。多変量解析にはさまざまな手法が含まれ、その使われ方も、実務・研究の領域によって大きく異なります。概念・用語や用途が多様である点で、初心者が高いハードルを感じる分野でもあります。ともすれば、わけのわからない魔法のようにみえたり、難しいことばで素人をだますテクニックのようにみえてしまったりするでしょう。
しかし本来、多変量解析のそれぞれの手法は、手元のデータをある角度から理解しようとする工夫の集まりであり、個々の発想自体は難しいものではありません。また、それらは魔法でも詐術でもなく、一定の有用性と一定の限界を持つ道具にすぎません。 株の分析手法の基礎知識
本セミナーでは、さまざまな多変量解析手法を、主にビジネス・ユーザの観点から幅広く紹介します。
はじめに、理解・学習に必要な最低限の必要知識を解説します。
つぎに、多変量解析の用途を大きく次の3つにわけ、それぞれについて主要な手法を紹介します。
(1)データを視覚化する …データを適切に表現し、わかりやすく伝える
(2)因果関係を探る …原因と結果の関連性を評価し、施策立案に役立てる
(3)隠れた構造を探る …データの背後にあるしくみと意味について推理する
紹介にあたっては、手法の背後にある数理的基盤よりも、手法の選択のポイント、解釈上のポイントにより焦点を当てます。最後に、実務家にとって効果的な活用方法と学習方法について紹介します。
主要な分析法の講義とともに、広く普及しているフリーの統計ソフト・Rを使用した実演を行います。実際にデータを受講者に解析いただくことで、よりわかりやすく理解していただくことを目指します。

受講対象・レベル

本セミナーは以下の方々を対象としています。
(1)文献、レポート、カタログ等に出てくる統計的データ解析の結果を適切に読み取れるようになりたい方。
(2)これから自分で多変量解析に取り組みたい方。
(3)株の分析手法の基礎知識 必要に迫られてデータ解析を我流でやっているが、独学ではわからないことが多く、困っている方。
また正しいかどうか自信がない方 など

習得できる知識

セミナープログラム

0. イントロダクション
0.1 多変量解析とは
0.2 企業実務における多変量解析の意義
0.3 このセミナーの内容、目標、進め方
0.4 ソフトウェア紹介
<実演1> 株の分析手法の基礎知識 統計ソフト Rの基本操作
1. 統計データの観察と要約 ~データを適切に表現し、わかりやすく伝える~
1.1 株の分析手法の基礎知識 データの構造
1.2 データ解析の3つの段階
1.3 変数の観察と要約:量的な1変数
(1) 度数分布表とヒストグラム
(2) 値の大きさを要約する ~平均とその他の方法~
(3) 値のばらつきを要約する ~標準偏差とその他の方法~
1.4 変数の観察と要約:量的な2変数
(1) 散布図と相関表
(2) 関係の強さを要約する ~相関係数~
1.5 変数の観察と要約:質的な1変数
(1) 度数分布とヒストグラム 株の分析手法の基礎知識
(2) 分布を要約する
1.6 変数の観察と要約:質的な2変数
(1) クロス表
(2) 株の分析手法の基礎知識 関係の強さを要約する
1.7 変数の観察と要約:質的変数と量的変数
(1) 層別度数分布と箱ひげ図
(2) 層別の要約統計量を図示する
1.株の分析手法の基礎知識 8 視覚化の役割
(1) 他人のための視覚化 ~図示の三原則~
(2) 自分のための視覚化
1.9 まとめ
2. 多変量データの視覚化 ~データ行列を一目で捉える~
2.1 イントロダクション
2.2 主成分分析
<実演2>主成分分析によるデータ行列の視覚化
2.3 主成分分析の考え方
2.4 主成分分析の用途
(1) 主成分分析の解釈を通じた変数の理解
(2) 主成分得点による個体の位置づけ
(3) 主成分分析によるデータ行列の視覚化
(4) 主成分分析の応用例 ~製品選好マッピング~ 株の分析手法の基礎知識
2.5 まとめ
3. 統計的推測の基礎 ~データに基づき推測する~
株の分析手法の基礎知識 3.1 母集団と標本
3.2 さまざまな統計的推測 ~推定と検定~
3.3 母平均についての推測
3.4 母分散についての推測
3.5 統計的推測と確率分布 ~正規分布とはなにか~
3.6 母平均についての推測はどのくらいあてになるか ~標準誤差とはなにか~
3.7 推測の「良さ」の2つの側面 ~正確性と精度~
3.8 まとめ
4. 因果関係の探索 ~データを生み出すメカニズムを探る~
4.1 イントロダクション
4.2 データから因果関係を推測できるか?
4.3 層別とその落とし穴
4.4 まとめ
5. 回帰分析の基礎 ~原因と結果の変数の関連性を評価し、施策立案に役立てる~
5.1 イントロダクション
5.2 回帰分析の考え方
<実演3>実験データの単回帰分析
5.3 重回帰分析の手順
(1) モデルの推定
(2) 性能の評価
(3) 変数の選択
(4) 妥当性の検討
<実演4>調査データの重回帰分析
5.4 まとめ
6. 隠れた構造を探る ~データの背後にある意味について推理する~
6.1 イントロダクション
6.2 因子分析
6.3 因子分析の手順
6.4 因子分析のしくみ
6.5 因子分析の実際
6.6 まとめ
7. 多変量解析とのつきあい方
7.1 検証的アプローチと探索的アプローチ、どちらが良いか?
7.2 新しい手法を実務に展開するためには?
7.3 アドバイザーとどうつきあうか
7.4 株の分析手法の基礎知識 どうやって勉強するか
<質疑応答>

■受講者の声
「大変わかりやすい講義だった。復習することで、かなりの部分が理解できると思われる」
「文系大で講義されていただけあり、説明が大変わかりやすかった」
「重回帰分析や主成分分析が分かりやすくて良かった」
「これまで何となくわからないまま行っていたこと・行っていなかったことがどんな意味を持つのかよく理解
できた」 等々

バリュー投資入門の関連書籍から具体的手法が学べる!オススメ本8選

オススメ本のTO画像

バリュー投資

ファイネストアドバイザリー

株初心者にオススメ!株取引の入門書2選

『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』

まず、株入門書の1冊目として、株雑誌の発行で有名なZAiを発行しているダイヤモンド社の『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』をオススメします。
この本は、「株とは何か」から始まり、口座の開き方や売買の仕方などがオールカラーで分かりやすく書かれています。イラストも多く、株を始めたことのない人でも、自分にも投資ができるんじゃないか」という期待感が高まりやすい内容です。
「良い株を安く買う」ためにはどこを見て、どう選べばいいのか知りたいという方はぜひ読んでみてください。

株取引を始めたばかりのド素人です。まず、口座の開き方や売買の仕方のような本当に初心者向けの説明から始まります。その他、この本では小型の余り注目されていない銘柄を推奨しています。そのコツとして、低いPERでよい業績の銘柄の選び方が解説されています。

また、チャートのテクニカルな見方のうち、メジャーなものが紹介されています。巻末にちょっとした用語解説がついています。自分としては特にPERから銘柄を選ぶ考え方が参考になりました。

これを読めば株取引の基本的なことが分かるようになっているし、それ程難しいことは書かれていないので、まさに入門書として相応しい内容と思われます。

引用:Amazonレビュー『「株」入門 改訂第2版』

『たった7日で株とチャートの達人になる』

株の知識がない状態から興味本位で、読んでみたのですが・・・

トレンドやチャート(ローソクチャート)の見方、チャートパターンやテクニカル分析、デイトレードや信用取引のルール、

最後に付録として楽天証券さんのマーケットスピードやアイスピードの使用方法が書かれていて、知識が無い状態から初心者に近づくには良い、教科書だと思いました。

また、私自身株はやってはいないのですが、トレダビと言う株の売買を練習できるサイトで仮想売買においては、利益がある程度出るようになりました。

株は危ない(リスクが高い)とは言いますが、この本を読んで、株に対しての見方が少し変わりました。

引用:Amazonレビュー『たった7日で株とチャートの達人になる』

多数のバリュー投資家がオススメ!ベンジャミン・グレアムとウォーレン・バフェットとは

ベンジャミン・グレアムとウォーレン・バフェットの画像

ベンジャミン・グレアムとは

ベンジャミン・グレアムの画像

ウォーレン・バフェットとは

ウォーレン・バフェットの画像

バリュー投資のオススメ本その1 ベンジャミン・グレアムの著書『賢明なる投資家』

『新 賢明なる投資家 (上・下)』

ベンジャミン・グレアム (著), ジェイソン・ツバイク (著)
増沢 和美 (翻訳), 新美 美葉 (翻訳), 塩野 未佳 (翻訳)

相場が急落すれば抜け目なく株を買い付け、急騰すれば、売却するチャンスなのだ。

(引用元 『新 賢明なる投資家 上』p.356)

読みごたえがあり、文章表現にやや難しいところもあるのですが、読むことで株式市場の本質を理解できるようになると思います。

あのウォーレン・バフェットは、本書に序文を寄せ、投資関連のすべての本の中で最高の1冊だと述べている。
(中略)本書の初版が出てから60年以上が経過し、その間次々と新しい金融商品が現れ、ネット・トレードの登場のような環境の変化もあった。

しかし、マーケットの本質が変わっていない以上、本書の価値が下がったりしない。
例を挙げると、株と債券を基本的に50対50の割合で保有し、弱気相場になったら株の割合を上げ、株が危険な水準まで高くなったら株の割合を減らす(本書上巻167頁以下)という、非常に有名であまりにも単純な教えは、今日でもぴたりと当てはまる。

(中略)

本書が投資本の最高傑作というバフェットの評価は、今日でも当てはまるものだと思う。
何よりもバフェット自身が、自己の評価を変えていない。

引用:Amazonレビュー『新 賢明なる投資家 上』一部省略

新生ジャパン投資

バリュー投資のオススメ本その2 ベンジャミン・グレアムを師事、バフェット関連本

『バフェットの銘柄選択術』

メアリー・バフェット (著), デビッド・クラーク (著)
井手 正介 (翻訳), 中熊 靖和 (翻訳)

本書を理解することで、「市場の失敗を利用する」バフェットの考え方を知り、自身の投資に生かせるのではないでしょうか。

この本は初版が2002年と古いにもかかわらず、バフェット本の中では常に上位にランクされる本です。

多くの読者に支持されている通り、かなり普遍性のある内容となっています。

この本ではまず企業をコモディティ型(他との差別化ができず、競争相手の多い企業)と消費者独占型(競争相手がなく強い市場支配力を持つ企業)とに分け、消費者独占型企業に投資すべきことを説いています。

しかし日本市場で消費者独占型企業としてすぐに思い浮かぶ企業名がありません。現在大きな利益を上げているトヨタ自動車や日立製作所はいずれも多くの競争相手がいる業界内の企業です。仮に一時的に消費者独占型企業が現れたとしても、すぐに新規参入によって独占体制が崩れるのではないでしょうか。

この点は米国市場と日本市場の違いを念頭において読み進む必要があります。

その後は多くの投資指標を挙げながらバフェットの得意とする長期投資の考え方が記されています。

デイトレや短期売買ではなく、長期投資を目指す人には有益な本だと思います。

引用:Amazonレビュー『バフェットの銘柄選択術』

『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』

ハワード・マークス (著), 貫井 佳子 (翻訳)

市場の平均的なリターンを上回るにはどのような考え方が必要か、どのような姿勢で株式市場と向き合うべきかなど「成功する投資」を達成するために必要な、著者の考える投資哲学が記されていています。

本書の著者の投資についての考え方の基本は「守り」およびバリュー投資です。

(中略)「いかにして落とし穴(大損)を避けるか」というリスク管理の考え方に多くのページを割いて解説しています。本書で印象に残ったのは次の点です。

・オークツリー(著者が経営する会社)の草創期に主なライバルだった機関投資家の多くが、もはや存在していない。それらの多くは組織的な欠陥や損失計上により退場した。(p195,p258。これも著者の方針が正しいことを示す証拠です。)

・並外れた利益の獲得を狙うか、損失を回避するか。二つのアプローチのうち、私は後者のほうが確実だと考える。私の経験から言って、より一貫した形で遂行できるのは損失回避のアプローチである。(p256,p264)

・我々の目標は、相場が良いときには市場と同等のパフォーマンスを、相場が悪いときには市場を上回るパフォーマンスをあげることだ。(p297)

長期的にみれば「攻め」の投資よりも「守り」の投資の方が成功する可能性が高いのかもしれません。

引用:Amazonレビュー『投資で一番大切な20の教え』一部省略

バリュー投資のオススメ本その3 バフェットも意識した成長株投資関連本

成長株投資関連本の画像

『オニールの成長株発掘法』

ウィリアム・J・オニール (著), スペンサー倫亜 (翻訳)

また、オニールが独自に開発した「CAN-SLIM」で大化けしそうな成長銘柄を見分ける方法や、暴落から身を守る方法なども書かれていますので、投資のバイブルになりえる1冊です。

日本のテクニカル分析を重視する投資家は華麗な売買を繰り返して利益をあげていくようなスタイルを一概には言えませんが好みがちだといいます。一方でアメリカはトレンドフォローが正統派のテクニカルであると考える人が多いようです。(中略)

CAN-SLIMという投資法が紹介されていますが、簡単に言えばファンダメンタルや市場動向を総合的に勘案して仕掛ける順張りです。株式投資における順張りの教科書です。(中略)

株式投資をする際に、そもそもウィリアム・オニールの手法を取り入れるか否かは別にして彼の存在と哲学を知らないのは必修科目を落としているか大事な単位をとっていないようなものです。

引用:Amazonレビュー『オニールの成長株発掘法』一部省略

『ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け 』

ピーター リンチ (著), ジョン 株の分析手法の基礎知識 株の分析手法の基礎知識 ロスチャイルド (著)
三原 淳雄 (翻訳), 土屋 株の分析手法の基礎知識 安衛 (翻訳)

当たり前のことを当たり前に行うことの大切さ、誰にでも明らかなことを利用するのが投資成功の秘訣と教えてくれる本です。

本書は長期投資の観点から投資手法を解説しています。またバリュー・グロースの投資タイプで言うと、どちらにも当てはまるのではないかと思います。(中略)

投資解説書でよく引き合いに出される次のような例え話が本書を出典としていることも知りました。(中略)

・下落している株を底値で拾おうというのは落ちてくるナイフを素手でつかむようなものである。ナイフが地面に突き刺さった後にしっかり止まってからつかむのが正しい。

私が本書で一番印象に残ったのが、各企業を低成長株、優良株、急成長株、市況関連株、業績回復株、資産株の六つに分類分けしてそれぞれの分類ごとに投資方法を変えている点です。

市場には非常に多くの企業が上場しています。その企業の株価はそれぞれの企業の特性に応じた値動きをします。自分が投資する企業の分類に対応した投資戦略を練るのが大切です。また自分の最も成功する可能性のある分類の企業に絞って投資するという方法も考えられると思います。

引用:Amazonレビュー『ピーターリンチの株で勝つ』一部省略

バリュー投資のオススメ本その4 バフェットが実践!ファンダメンタル分析関連本

ファンダメンタル分析の画像

『ファンダメンタル投資の教科書』

どん底からの「復活株」、業績好調の「成長株」、「割安株」の探し方から、粉飾、倒産銘柄の回避法までがこの1冊でわかります。

  • 銘柄探しは業績面から行い、売買タイミングはチャートから行う
  • 好業績銘柄でも上昇トレンドでしか買わない

決算書や四季報などから業績面などのファンダメンタルから銘柄を探す際に、公認会計士である著者が見るべきポイントや指標などの基礎知識を紹介した本。

PER、PBR、ROEなどの指標の計算式や基準値など基本的なことから、PBRが低くてもPERが高くROEが低いなら割安とは言えないなど、各指標の関係性から値を見ることで1つの指標だけを鵜呑みにしてはダメだということが分かる。

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書が示すものや四季報のどこの数値と対応しているか分かる。(中略)

繰延税金資産など会計の知識がないと難しい部分もあるが、決算書や四季報からチェックする部分が分かった。

PERってなんだ?という人には役立つ情報が満載だと思う。

引用:Amazonレビュー『ファンダメンタル投資の教科書』一部省略

  1. 『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
    ダイヤモンド・ザイ編集部
  2. 『たった7日で株とチャートの達人になる』
    ダイヤモンド・ザイ編集部
  3. 『新 賢明なる投資家 (上・下)』
    ベンジャミン・グレアム (著), ジェイソン・ツバイク (著)
    増沢 株の分析手法の基礎知識 株の分析手法の基礎知識 株の分析手法の基礎知識 和美 (翻訳), 新美 美葉 (翻訳), 塩野 未佳 (翻訳)
  4. 『バフェットの銘柄選択術』
    メアリー・バフェット (著), デビッド・クラーク (著)
    井手 正介 (翻訳), 中熊 靖和 (翻訳)
  5. 『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』
    ハワード・マークス (著), 貫井 佳子 (翻訳)
  6. 『オニールの成長株発掘法』
    ウィリアム・J・オニール (著), スペンサー倫亜 (翻訳)
  7. 『ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け 』
    ピーター リンチ (著), ジョン ロスチャイルド (著),
    三原 淳雄 (翻訳), 土屋 安衛 (翻訳)
  8. 『ファンダメンタル投資の教科書』
    足立 武志 (著)

割安成長株への先読み投資なら「ファイネストアドバイザリー」

ファイネストアドバイザリー

大化けが期待される割安株を狙いたい人は必見!!
ファイネストアドバイザリー

現在「メールアドレス」を登録するだけで “期待度大の本命1銘柄” を無料で配信してもらえます。詳しくはファイネストアドバイザリーの公式ホームページにてご確認下さい。

エルの米国株投資 早期FIREに至った投資術を解明

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

『日本株投資は5年くらい経験していますが、米国株投資は始めたばかり。 米国株投資の本を何冊か読みましたが、わたし的にはこの本が一番わかりやすかったです。 Q&A形式で解説している基礎の基礎のパートから、元金融マンの著者ならではの視点を学べるパートまで、 投資経験者だからといって当たり前のことをバカにせず、ちゃんと取り上げている点がよかったです。 暗中模索状態の投資初心者であれば、本書を読んでおけば、 米国株投資に必要な基礎知識がひと通り得られると思います。 すでに投資をしている人なら「こんなことわかってるよ」と思われがちな内容も含みますが、 そういう点はバカにせず、あらためてきちんと踏まえておくくらいのほうがよいと個人的には思いました。 あと、著者の投資経験を通じて、著者の人となりが感じられる点も好感を持てました。 本のデザインはヤンチャな感じですが、とても落ち着いた内容で個人的にとても勉強になりました。 』
引用元:Amazon


一方で「銘柄分析の仕方が二番煎じ」「これでFIREは無理」などの意見も

『内容はどの本にも書いてある事ばかり。 内容も薄い、この内容だとFIREは無理。 既出だか広瀬氏の本を購入された方が絶対に良い。』
引用元:Amazon

『一攫千金のような派手さはないですが、自分のペースとポリシーをもって地道にやること、またリスク許容しながら確実な投資について書かれていて一気に読みました。日本語・文章自体が綺麗なことも一因だと思います。 自分のできるところからやってみることが大事というメッセージを一定して感じました。 私はほぼインデックスの積み立て式の投資信託一辺倒ですが、少しこのやり方で自分の投資に組み込んでみようと思います。』
引用元:Amazon

—————————————————
名前:エル
年齢:54歳
家族構成:妻 子ども2人
投資歴:1991年頃、日本株(東京電力・新日鐵)で株式取引を開始。フィデリティやマーキュリーなどのアクティブファンドに熱中した時期あり。UNIQLOを展開するファーストリテイリングが東京(原宿)進出し、フリースブームを起こす前に同社株式に投資し相当額のキャピタル・ゲインを得る。しかし、サブプライムローン問題・リーマンショックに起因した内外株式の大幅下落の影響は回避できず一時資産は半減。2009年末復元し、その後資産は順調に増加し現在は米国個別株式中心に投資中。投資歴31年。
引用元:【L】米国株投資実践日記
—————————————————

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる