FX初心者必見

ファンダメンタルズ分析(FA)とは

ファンダメンタルズ分析(FA)とは
FX戦略

2022年7月6日(水)ドル円初心者戦略と結果

FX戦略

ファンダメンタルズ分析

本日のシナリオ

注目材料

1. 経済指標・要人発言
本日は注目度の高い米国要人発言や複数の米国経済指標発表が予定されています。リセッション懸念増大から④-1,2,3、経済指標結果から⑥-1,2でドル円の方向性を判断したいですが、7/5同様にドルと円が同じ方向に連動して動く可能性があり、日足レンジ内の推移に留まると推測します。

①日米金融政策差→米国金融引き締め・日本金融緩和継続→ドル買い円売り→ドル円上昇
②-1 米国金融当局者タカ派発言→米国債利回り上昇ならドル買い→ドル円上昇
②-2 米国金融当局者ハト派発言→米国債利回り下落ならドル売り→ドル円下落
③-1 日本要人からの強い円安牽制発言→円買い→ドル円下落→下げ止まりから押し目買い勢によるドル円上昇
③-2 日本要人からの円安容認発言→円売り→ドル円上昇
④-1 リセッション懸念→株先物・株価指数下落→リスクオフドル買い円買い(通貨強弱「円>ドル」なら)→ドル円下落
④-2 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→米国債利回り低下→ドル売り→ドル円下落
④-3 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑤リスクオン→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑥-1 米国経済指標結果が強い数値→ドル買い→ドル円上昇
⑥-2 米国経済指標結果が弱い数値→ドル売り→ドル円下落

マーケットの動き

東京マーケット前

東京マーケット(9:00~15:00)

欧州マーケット(16:00~25:00)

20:00 経済指標
米国MBA住宅ローン申請指数 :注目度は高くないため確認のみ。
前週比:前回0.7%、結果-5.4%(✕)

NYマーケット (ファンダメンタルズ分析(FA)とは 22:30~29:00)

22:45 経済指標
米国サービス業PMI6月度:基準50、前回51.6、予想51.6、結果52.7(◎)
米国総合PMI6月度:基準50、前回51.2、予想51.2、結果52.3(◎)

23:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数6月度
基準50、前回55.9、予想54.1、結果55.3(○)
(Bloomberg)

23:00 経済指標
米国JOLT求職5月度
前回1140.0万件(改定1168.1)、予想1100.0万件、結果1125.4万件(○)
(Bloomberg)

25:00 欧州クローズ

27:01 経済指標
米国FOMC議事要旨6月度

「7月FOMCで、50または75ベーシスポイント利引き上げの可能性」
「より強い緊縮政策が実施される可能性」
「多数のFOMCメンバーは、インフレの定着化、長期化の大きなリスクを指摘」

「消費者物価上昇率は4月も5月も上昇」(Bloomberg)

29:00 NYクローズ

ファンダメンタルズ材料とドル円の関係

  1. JPY(リスクオフ通貨):前日2位。
  2. USD(基軸通貨):前日1位。米国サービス部門・総合PMI改定値、米国ISM非製造業景気指数が良好、米国FOMC議事録のタカ派内容で買い。
  3. CAD(資源国リスクオン通貨):前日7位。
  4. AUD(資源国リスクオン通貨):前日5位。
  5. CHF(リスクオフ通貨):前日3位。
  6. GBP(リスクオン通貨):前日6位。英国閣僚の辞任が相次ぎ、ジョンソン首相への辞任勧告が高まって政局不安で売り。
  7. NZD(資源国リスクオン通貨):前日4位。
  8. EUR(リスクオン通貨):前日8位。エネルギー供給不安等で欧州のリセッション懸念増加で売り。

米国債イールドカーブ

テクニカル分析

ドル円チャート

  • 月足: ボリンジャーバンド+2σをバンドウォークし強い上昇トレンド。
  • 週足:ボリンジャーバンド+1σ~+2σ間の上昇トレンド。
  • 日足:7/5上ヒゲ陽線。ボリンジャーバンド+1σで反発。ボリンジャーバンドクイーズでレンジ。
  • 4H足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。
  • 1H足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。
  • 15M足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。

トレード1
7:45 135.730上抜け→レジサポ→(A)ロング
8:45 T/P 135.957到達→(A)ロング成立

ショート:135.635
目標利益:(135.635-135.325)×100=31.0 ファンダメンタルズ分析(FA)とは pips
S/L :135.635+0.15=135.785
RR: 31.0/15=2.07
結果: +31.0 pips

M&Aアドバイザリー業務(FA業務)とコンサルの比較

M&Aとキャリア

FAとコンサルの類似点

プロジェクトものの仕事

業務ナレッジのアップデート(勉強)が必須

ルーチンワークではない

プレゼン資料・レポートを作るのが仕事

    ファンダメンタルズ分析(FA)とは
  • コンサル:事業計画そのものの策定を支援する(上工程)
  • FA:策定された事業計画を企業価値として評価する(下工程)

長時間労働

FAとコンサルの相違点

クライアント以外の利害対立のある明確な取引相手(第三者)の存在

FAには仮想敵ではなく生身の交渉相手が存在する

第三者と明確な金額で取引を実行するか

その他の相違点

必要とされる知識の広さと深さ

検討フェーズか実行フェーズか

業界に属する(属していた)人数

aoi

・M&Aアドバイザリー業務の知見を一般論でまとめる
・投資銀行等のM&Aアドバイザリーファームへの転職(就職)検討者向けの情報提供
・仕事術をまとめる

カテゴリー

アーカイブ

当サイトに記載されている情報等は、個別具体的な事象について検討したものではなく法令等を遵守しながらも一般論として整理しております。また、当該情報等は、運営者が細心の注意をもって作成・管理しておりますが、その内容の正確性・完全性について保証するものではなく、誤った記載が記載される可能性は否定できません。従いまして、当サイト閲覧者各位が何らかの意思決定をされる場合には、改めて弁護士、会計士、税理士等の専門家にご確認いただきますようお願い致します。
なお、当サイトの記事の内容は、筆者が所属する又は過去に所属した組織の意見を述べたものではなく、筆者の私見によるものです。
また、当サイトのコンテンツにつき、その正確性や適正性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
さらに、当サイトは、コンテンツを補完するため、第三者のウェブサイトへのリンクをはることがあります。リンク先の第三者のウェブサイトの内容は、それぞれの責任で管理されるものであり、リンク先のウェブサイトに掲載されている情報等によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いかねます。
以上より、当サイト閲覧者各位が当サイトの情報等を用いて行う全ての行為、被った損害・損失に対しては、当サイト運営者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場分析】テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ではどっちが良いの??答えはもちろん…

今日は 『テクニカル分析』『ファンダメンタルズ分析』 ってどっちで分析した方が良いのかな??

f:id:koalion0105:20200104130434j:image

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ってなんだっけ??

そもそも 『テクニカル分析』『ファンダメンタルズ分析』 って知ってますかー??

テクニカル分析

  • チャートの値動きや相場パターン、インジケーターやライン引きなど分析ツールを使い値動きを予想する方法

ファンダメンタルズ分析

  • 経済指標やニュースなどの相場に影響を与える事柄から値動きを予想する方法

テクニカル分析は“なんで”テクニカル分析って言うのかわかんないけど、ファンダメンタルズ分析は 『経済の基礎的条件』 からきているよ!

f:id:koalion0105:20200104130528j:image

どっちが良いのか?

テクニカル分析は ツールの使い方など覚える事 が多く慣れない内は苦労すると思いますが、ファンダメンタルズ分析は常に経済に詳しくなくてはいけません!!

個人的には ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析を研究した方 がトレード手法は身に着くと思っています。

先程も書いたけども、ファンダメンタルズ分析は 【常に】 情報を収集しなければいけません。経済ジャーナリストでもなければ無理ですし、いくら好材料の良いニュースが流れても必ずしも良い影響を与えるとも限りません。

また、その良いニュースと思って聞いていた事が “デマ” の時もありますし、急に大きな値動きにつながるようなビッグニュースを手に入れるのは “ラッキーパンチ” でしかありません。

またニュースで影響を与えて相場の価値が上がるのは時間がかなり必要になるので【長期投資】というスタイルになります。

一方テクニカル分析はチャートの値動きから相場心理を読み取る方法になるので長期投資でも短期投資でも応用可能で 【好きなタイミングでチャートを見て分析出来る】 という所が最大のメリットです。

f:id:koalion0105:20200104130535j:image

だから結局はどっちが良いの??

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は 『分析方法が違うよ』 というだけで、どちらか1つだけを選んで分析するということではありませんϵ( 'ファンダメンタルズ分析(FA)とは Θ' )϶

基本的にはテクニカル分析 を覚えて 、ニュースを たまたま聞いて 影響を与えそうだなぁ…と思った時がファンダメンタルズ分析になります。

2022年7月6日(水)ドル円初心者戦略と結果

FX戦略

ファンダメンタルズ分析

本日のシナリオ

注目材料

1. 経済指標・要人発言
本日は注目度の高い米国要人発言や複数の米国経済指標発表が予定されています。リセッション懸念増大から④-1,2,3、経済指標結果から⑥-1,ファンダメンタルズ分析(FA)とは 2でドル円の方向性を判断したいですが、7/5同様にドルと円が同じ方向に連動して動く可能性があり、日足レンジ内の推移に留まると推測します。

①日米金融政策差→米国金融引き締め・日本金融緩和継続→ドル買い円売り→ドル円上昇
②-1 米国金融当局者タカ派発言→米国債利回り上昇ならドル買い→ドル円上昇
②-2 米国金融当局者ハト派発言→米国債利回り下落ならドル売り→ドル円下落
③-1 日本要人からの強い円安牽制発言→円買い→ドル円下落→下げ止まりから押し目買い勢によるドル円上昇
③-2 日本要人からの円安容認発言→円売り→ドル円上昇
④-1 リセッション懸念→株先物・株価指数下落→リスクオフドル買い円買い(通貨強弱「円>ドル」なら)→ドル円下落
④-2 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→米国債利回り低下→ドル売り→ドル円下落
④-3 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑤リスクオン→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑥-1 米国経済指標結果が強い数値→ドル買い→ドル円上昇
⑥-2 米国経済指標結果が弱い数値→ドル売り→ドル円下落

マーケットの動き

東京マーケット前 ファンダメンタルズ分析(FA)とは

東京マーケット(9:00~15:00)

欧州マーケット(16:00~25:00)

20:00 経済指標
米国MBA住宅ローン申請指数 :注目度は高くないため確認のみ。
前週比:前回0.7%、結果-5.4%(✕)

NYマーケット (22:30~29:00)

22:45 経済指標
米国サービス業PMI6月度:基準50、前回51.6、予想51.6、結果52.7(◎)
米国総合PMI6月度:基準50、前回51.2、予想51.2、結果52.3(◎)

23:00 経済指標
米国ISM非製造業景気指数6月度
基準50、前回55.9、予想54.1、結果55.3(○)
(Bloomberg)

23:00 経済指標
米国JOLT求職5月度
前回1140.0万件(改定1168.1)、予想1100.0万件、結果1125.4万件(○)
(Bloomberg)

25:00 欧州クローズ

27:01 経済指標
米国FOMC議事要旨6月度

「7月FOMCで、50または75ベーシスポイント利引き上げの可能性」
「より強い緊縮政策が実施される可能性」
「多数のFOMCメンバーは、インフレの定着化、長期化の大きなリスクを指摘」

「消費者物価上昇率は4月も5月も上昇」(Bloomberg)

29:00 NYクローズ

ファンダメンタルズ材料とドル円の関係

  1. JPY(リスクオフ通貨):前日2位。
  2. USD(基軸通貨):前日1位。米国サービス部門・総合PMI改定値、米国ISM非製造業景気指数が良好、米国FOMC議事録のタカ派内容で買い。
  3. CAD(資源国リスクオン通貨):前日7位。
  4. AUD(資源国リスクオン通貨):前日5位。
  5. CHF(リスクオフ通貨):前日3位。
  6. GBP(リスクオン通貨):前日6位。英国閣僚の辞任が相次ぎ、ジョンソン首相への辞任勧告が高まって政局不安で売り。
  7. NZD(資源国リスクオン通貨):前日4位。
  8. EUR(ファンダメンタルズ分析(FA)とは リスクオン通貨):前日8位。エネルギー供給不安等で欧州のリセッション懸念増加で売り。

米国債イールドカーブ

テクニカル分析

ドル円チャート

  • 月足: ボリンジャーバンド+2σをバンドウォークし強い上昇トレンド。
  • 週足:ボリンジャーバンド+1σ~+2σ間の上昇トレンド。
  • 日足:7/5上ヒゲ陽線。ボリンジャーバンド+1σで反発。ボリンジャーバンドクイーズでレンジ。
  • 4H足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。
  • 1H足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。
  • 15M足:ボリンジャーバンドスクイーズでレンジ。

トレード1
7:45 135.730上抜け→レジサポ→(A)ロング
8:45 T/P 135.957到達→(A)ロング成立

ショート:135.635
目標利益:(135.635-135.325)×100=31.0 pips
S/L :135.635+0.15=135.785
RR: 31.0/15=2.07
結果: +31.0 pips

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【相場分析】テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ではどっちが良いの??答えはもちろん…

今日は 『テクニカル分析』『ファンダメンタルズ分析』 ってどっちで分析した方が良いのかな??

f:id:koalion0105:20200104130434j:image

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ってなんだっけ??

そもそも 『テクニカル分析』『ファンダメンタルズ分析』 って知ってますかー??

テクニカル分析

  • チャートの値動きや相場パターン、インジケーターやライン引きなど分析ツールを使い値動きを予想する方法

ファンダメンタルズ分析

  • 経済指標やニュースなどの相場に影響を与える事柄から値動きを予想する方法

テクニカル分析は“なんで”テクニカル分析って言うのかわかんないけど、ファンダメンタルズ分析は 『経済の基礎的条件』 からきているよ!

f:id:koalion0105:20200104130528j:image

どっちが良いのか?

テクニカル分析は ツールの使い方など覚える事 が多く慣れない内は苦労すると思いますが、ファンダメンタルズ分析は常に経済に詳しくなくてはいけません!!

個人的には ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析を研究した方 がトレード手法は身に着くと思っています。

先程も書いたけども、ファンダメンタルズ分析は 【常に】 情報を収集しなければいけません。経済ジャーナリストでもなければ無理ですし、いくら好材料の良いニュースが流れても必ずしも良い影響を与えるとも限りません。

また、その良いニュースと思って聞いていた事が “デマ” の時もありますし、急に大きな値動きにつながるようなビッグニュースを手に入れるのは “ラッキーパンチ” でしかありません。

またニュースで影響を与えて相場の価値が上がるのは時間がかなり必要になるので【長期投資】というスタイルになります。

一方テクニカル分析はチャートの値動きから相場心理を読み取る方法になるので長期投資でも短期投資でも応用可能で 【好きなタイミングでチャートを見て分析出来る】 という所が最大のメリットです。

f:id:koalion0105:20200104130535j:image

だから結局はどっちが良いの??

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は 『分析方法が違うよ』 というだけで、どちらか1つだけを選んで分析するということではありませんϵ( 'Θ' )϶

基本的にはテクニカル分析 を覚えて 、ニュースを たまたま聞いて 影響を与えそうだなぁ…と思った時がファンダメンタルズ分析になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる