海外バイナリーオプション

ハイローオーストラリアで得た利益

ハイローオーストラリアで得た利益
バイナリーオプション
最終結果
豪ドル円のみで5戦5勝♡
負けなかったことが
なにより嬉しい( *´︶`*)
ザオプション資金も15万円を突破!!
15万円という数字が見たくて
すぐ出金したら1100円しか
残せなかった(^_^;)ハイロー(ハイローオーストラリア)からは
キャッシュバック5000円もらえたし
嬉しい\(^^)/— 志衣 (ハイローオーストラリアで得た利益 @mcl_s2) August 1, 2019

ハイロー(ハイローオーストラリア)評判。 ハイローの口座開設方法・入金出金・攻略必勝法を徹底解説

ハイロー(ハイローオーストラリア)、10,000円キャッシュバックキャンペーンに乗じて久々にやってみたら2回連続で勝ちました
ヾ(●´∇`●)ノ
しかも今回はしっかりチャートが読めるようになっているスッ、スゲー!!Σ(゚Д゚ )

今日は3,730円(σ´∀`)σゲッツ!!
あと8,000円キャッシュバックある🤭#highlow

— コハク (@kohakucccc) November 25, 2019

今更気づいたけど ハイロー(ハイローオーストラリア)の30秒ターボってペイアウト率2倍だったのな

完全2分の1の確率になるわけで、相場も見ながらできるから実質カジノのルーレットより勝ちやすいっていうね

5万くらい投資してローリスクローリターンで1000円ずつ勝負し続けるの悪くないかも

— さいくん🍼 (@white_jet_2) November 11, 2019

初心者がこれから ハイロー(ハイローオーストラリア)に入金するなら、クレジットカードを利用した方がお得。
✅ATMに向かわなくていいのでとても楽
✅5000円から入金可能
✅即入金に対応している
✅クレジットカードにはリボ払いがついてるから〇〇万円とか入金しても月々数千円〜ずつ支払えば負担が少ない。

— コウ@ポンコツトレーダー×自称ブロガー (@trade_kou56) September 20, 2019

バイナリーオプション
最終結果
豪ドル円のみで5戦5勝♡
負けなかったことが
なにより嬉しい( *´︶`*)
ザオプション資金も15万円を突破!!
15万円という数字が見たくて
すぐ出金したら1100円しか
残せなかった(^_^;)

ハイロー(ハイローオーストラリア)からは
キャッシュバック5000円もらえたし
嬉しい\(^^)/

— 志衣 (@mcl_s2) August 1, 2019

ハイロー(ハイローオーストラリア)は同値判定と判定時間ずらしとの戦いなのだ。ハウスとのギャンブルだからこのくらいは仕方ないかなと許容せざるおえないのだ…

— 投機(家志望アラ)イさん (@toukiarai) January 21, 2020

ハイロー(ハイローオーストラリア)入金反映されないし…
10日分の仕事いっぺんにやらなきゃいけなくなって、ハイロースタッフパンクしてるのかしら
10連休の副作用、ご愁傷様です🙏

— omasa62 (@omasa62) May 7, 2019

またしても、 ハイロー(ハイローオーストラリア)のクソ判定にやられた…
判定終了した時は数値勝ってたのに、詳細で見たら判定レートが1負けてる…

そんな事ある?
ハイロー(ハイローオーストラリア)ならあるあるな話でしたね…はぁ…( ´・ω・`)

— ハイローオーストラリアで得た利益 てっぺー@スマホトレーダー (@superneet8353) May 6, 2019

ハイロー(ハイローオーストラリア)のAndroidアプリ消えたの???
久しぶりにログインしよーとしたらアプリが消えてもーて、再度インストールしよーとしたら訳分からんちん。。。

— ごうちゃん⊿⁴⁹(RN下斜め下) (@gogochinchin11) March 31, 2019

ハイロー(ハイローオーストラリア)の取引方法・取引商品

ハイロー(ハイローオーストラリア)の取引方法・取引商品の種類

ハイローオーストラリアで得た利益
取引方法 種別 判定時刻 取引通貨ペア ペイアウト倍率 アット・ザ・マネー
HIGHLOW ハイロー 15分、1時間、1日 通貨ペア
AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、CAD/JPY、CHF/JPY、EUR/AUD、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/AUD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY
商品指数
GOLD、USOIL、UKOIL
株価指数
AUS200、JPN225、HKG33、UK100、US30、NAS100、SPX500、CHN50
仮想通貨
BITCOIN (XBT/USD)、ETHERIUM、RIPPLE、LITECOIN
1.85倍~1.95倍 負け
スプレッドHIGHLOW ハイロー・スプレッド取引 15分、1時間、1日 2.00倍 負け
Turbo 短期取引 30秒、1分、3分、5分 通貨ペア
AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、NZD/JPY、USD/JPY
1.85倍~1.95倍 負け
Turboスプレッド 短期取引・スプレッド取引 30秒、1分、3分、5分2.00倍~2.30倍 負け

ハイロー(ハイローオーストラリア)の取引方法・取引商品の評判

ハイロー(ハイローオーストラリア)のTurboスプレッドのペイアウト率が最大2.20倍になったわよね。

こうなると実際どの業者も勝ち目なくない?

— ボリンジャースミス (ハイローオーストラリアで得た利益 @BollingerSmith) July 1, 2019

turbo1分、turbo30秒は長い時間チャートを見てると絶対変なエントリーをしちゃうからスピード感と勝ち逃げ撤退をしないといけない!

まばたきすらも命取りというくらい集中し、雷鳴の如き速さで稼ぎ、早期に撤退をする! ハイローオーストラリアで得た利益 # ハイロー(ハイローオーストラリア)#turbo

— バイナリートレーダー侍 (@3hvxnRjMXXxHSkm) August 14, 2019

んんん 年末から おかしいなー
と思ったけど ハイロー(ハイローオーストラリア)
…スプレッド広がってんじゃねーかー😤😤😤 しかも、確認したら 金額が多ければ多いほど 広がる傾向あり
ポンドオージーなんかは最大8…
😤😤 ギリギリの攻防戦は 厳しい事になるね!

— max90キロ🐷からのダイエット[email protected]さんの挑戦 (@nkem5aDH0bBJMF2) January 16, 2019

ネット広告でよく見るハイローオーストラリアって一体何だ?

ハイロー オーストラリア バイナリーオプション

オーストラリアに旅行に行くのに、どこでも使えるWiFiルーターをお探しの方に朗報です。 オーストラリア全土で使えるモバイルブロードバンドの4G 対応WiFiモデムルーターを日本からレンタルできるサービスを紹介します。 オージーDATA オージーデータは日本全国に無料発送してくれる、オーストラリア専用のWiFiルーターのレンタルサービスです。各国際線のある主要空港での受取と返却も可能です。 オージーデータの特徴 オーストラリアのどこでもネット環境が得られる。 PCをWiFiルーター経由で簡単にネットにつなげ .

海外からVPN活用

日本のインターネットテレビ・動画配信サービスを海外から利用するのに欠かせないVPN

海外に住んでいながら日本のテレビ番組、映画、ニュースを好きなだけ見たいという場合、高額な日本のテレビが海外で見れるチューナーを購入したり、お住いの国で日本の番組配信サービスに登録して装置を購入したりして、月々の利用料を払う必要はありません。 VPNを使えば、インターネット経由で簡単かつ安価に日本の動画配信サービスを利用できるからです。 また、海外から日本のサイトにアクセスして動画を見ようとしたら、「海外からはご利用いただけません」、「お住まいの地域では動画を再生できません」、または、「問題が発生したため映 .

ハイドパークのカフェ

オーストラリアでクラウドソーシングを使ってフリーランスで仕事をする

オーストラリアでの仕事の探し方について説明した記事で、自分で稼ぐ方法について軽く触れましたが、その中の一つ、クラウドソーシングを利用してフリーランスで仕事をするについて紹介します。 どこにいてもフリーランスとして仕事ができることで、個人事業者だけでなく、在宅主婦やリタイヤした人達も利用するクラウドソーシング(crowdsourcing)サービスですが、海外にいることがメリットとなる仕事案件も多く、海外在住者の利用も増えています。 ちなみに、クラウドソーシングとは、仕事を依頼する側と仕事をする側をつなぐ機会 .

Groupon(グル―ポン)を使ってオーストラリアで格安予約

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光アトラクションのチケットを購入したり、食事をしたり、色々なサービスを受けたりすることができます。 グル―ポンを使うと最大90%までの割引き価格で購入できます。 オーストラリアでグル―ポンを使ってお得に楽しむ方法を紹介します。 Grouponとは? Groupon(グルーポン)は、2008年にアメリカで設立され .

NBN National Broadband Network

オーストラリアでインターネット回線に接続する方法(NBN、モバイルWiFi、ADSL)

オーストラリアで自分で契約してご家庭にインターネットを接続するには、大きく別けて以下の3つの方法(インターネット回線)があります。 ハイローオーストラリアで得た利益 - NBN(National Broadband Network)= 光回線 - ハイローオーストラリアで得た利益 ワイヤレス・モバイル・ブロードバンド = モバイル回線 - ADSL = 電話回線 インターネットを無制限で利用できる快適な接続環境をお望みなら、NBNが最適でしょう。また、毎日頻繁にインターネットを利用する場合、費用の面でもNBNが最もお得です。 NBNが整備されていない場所にお住いの場合や、 .

HighLow(ハイローオーストラリア)が違法や詐欺業者ではない理由

HighLow(以下ハイロー)は、マーシャル諸島共和国にあるHLMI Ltd.が運営するバイナリーオプション業者です。 以前は「ハイローオーストラリア」という名称で運営していたので、聞いたことがある人 .

日本人が海外バイナリーオプションを取引するのは合法

問題はバイナリーオプションのギャンブル性・中毒性の高さ

まず、バイナリーオプションは「一定時間ごのレートが今よりも上がるか?下がるか?」を予想するシンプルな二者択一の取引です。

しかし、シンプルであるがゆえ、 ギャンブル性が非常に高い 取引でもあります。

トレーダーは最初に任意のオプション料(投資額)を支払い、予測が当たると一定のペイアウト(払戻し)を受け取れます。

つまり、バイナリーオプションは勝てば投資額を2倍近くにできる反面、負ければゼロになってしまう 極端にハイリスク・ハイリターンな金融商品 なのです。

バイナリーオプションの問題点は、その 中毒性の高さ です。

短時間で結果が分かることに加え、「あと少しで勝てる」「あと一歩で勝てたのに」といったスリルが脳の報酬系を刺激するため気分が高揚します。

バイナリーオプションのトレーダーは、そのスリルを繰り返し味わうことで ギャンブル依存症 に陥りやすい特徴があるんですね。これはパチンコやスロットの中毒性にも似ています。

パチンコやスロットのような電子ゲーム機の場合は、機械そのものに依存させる要因があります。例えば、あと一歩で当たる場面を見ると、脳の中の高揚感を感じる部位(「報酬系」と呼ばれ、ドーパミンという物質が関係しています)の働きが活発になってギャンブルを続けたいと思わせてしまいます。また、パチンコ台やスロット台の画像や音響には、負けていても勝っているかのような錯覚をおこさせて脳内の報酬系を活発にする効果があります。

本来ならどんな投資をするにも高度な専門知識・リスク管理が必要です。

しかし、バイナリーオプションはルールが簡単なので、大した勉強もせず誰でも気軽に始めることができ、さらに中毒性もあることから、 「大損してもなかなかやめられない」「負けを取り戻すために借金までする」 といったケースが大きな問題となりました。

そのため、世界ではバイナリーオプションを禁止・規制強化する国々が増えつつあります。

このように、バイナリーオプション自体に違法性や詐欺の疑惑がかけられてしまったのは、ギャンブル性・中毒性の高い取引を簡単に始められてしまうことが問題視され、 世界中で禁止・規制された背景があるため なんですね。

国内業者は自主規制によって魅力が低下している

日本の場合はどうかというと、バイナリーオプションの運営・利用は今のところ法律でちゃんと認められています(2021年8月時点)。

日本でのバイナリーオプションの位置付けは、金融商品取引法上はFXと同じ店頭デリバティブ取引です。

国内バイナリーオプション業者は金融商品取引業の登録を行い、金融庁の規制・監督を受けることでサービスを提供することが可能です。

しかし、現在では以下のような厳しい規制が設けられてしまったため、トレーダーにとっては以前と比べ全く 魅力のない金融商品 に成り下がってしまいました。

  • 固定ペイアウト禁止
  • 30秒・1分などの短時間取引の禁止
  • 1日あたりの取引回数は上限12回
  • 投資テストの義務化
  • 判定時間までポジション解消不可

海外の無登録業者は日本の金融庁から警告を受けている

日本でバイナリーオプションを運営する場合、業者は金融商品取引業の登録をしなくてはいけません。

これは国内業者だけでなく、 日本居住者を相手に取引する海外業者 も同様です。

無登録業者との取引にはご注意ください

バイナリーオプションは、金融商品取引法上の店頭デリバティブ取引に該当します。日本に居住する投資者に対してバイナリーオプション取引を業として行うときは、金融商品取引業の登録が必要です。たとえ海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されています。

しかし、 HighLowは日本で金融商品取引業の登録をしていない海外業者 にもかかわらず、現在でも日本人トレーダーを受け入れ続けています。

ただ、現在のところHighLowを含めた海外業者側もそれを利用するトレーダー側も何かの罪に問われたりペナルティを受けたりしておりません。

HighLowに違法性はあるが今のところは警告止まり

HighLowのような海外業者の場合、いくら違法性があり金融庁が警告を出したとしても、 直接的に処分やペナルティを課すことはできない ため、今のところは警告止まりの状態が続いています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

つまり、金融庁は事業者に 「日本居住者を相手に取引するなら金融商品取引業の登録が必須」 とは言っていても、「日本居住者に勧誘行為をしなければ、日本居住者からの注文を受けて良い」と言っているんですね。

本来であればウェブサイト・メールマガジンなどもこの勧誘行為に該当するはずですが、海外業者の日本語公式サイトの多くには「日本居住者向けではない」とちゃっかり明記して対策しています。

これは遠回しに「海外在住の日本人向けサイトを運営しているにすぎない」というスタンスにも受け取れるので、今のところは合法・違法どちらとも言えないグレーゾーンになっているわけなんですね。

出典:HighLow公式サイト「よくあるご質問」

しかし、HighLowについては、公式サイトにはっきりと 「日本人居住者の方が口座開設していただけます」と明記してしまっているため、極めて違法性が高い状態 だと言えるんですね。

そのため、HighLowは規制の緩いマーシャル諸島・セントビンセントグレナディーン諸島・バヌアツ共和国などでライセンスを取得し、取引条件やサービスの優位性を保ちつつ、現在でも日本人を受け入れ続けているのです。

トレーダーは自己責任を条件に合法的に取引できる

次にトレーダー側の違法性についてですが、実のところ金融庁はトレーダーに対して 「無登録業者はトラブルになりやすいから注意してください」 と注意喚起こそしているものの、けっして「無登録業者との取引は禁止です」とは言っていません。

つまり、トレーダーは自己責任の範囲であれば合法的に海外バイナリーオプション業者で取引できるということ。

とはいえ、確かに 「無登録業者はトラブルに巻き込まれる可能性が高い」 というのは事実なので、業者選びには常に注意が必要です。

HighLowは信頼性の高い優良業者だが誤解されやすい

取引ルールはシンプルだが利用規約違反に注意

海外業者によっては、口座開設や特定条件をクリアすることで、取引に使ったり出金できたりするボーナスがもらえるところもあります。

しかし、中には わざと複雑で分かりにくいボーナス利用規約や入出金ルール を作り、私腹を肥した悪質業者が存在するので注意してください。

ユーザーにしてみれば、「自分が詐欺被害にあっているのか?」「利用規約違反で出金拒否を受けているのか?」が非常に分かりにくいので、 このような一部の悪質業者のせいでバイナリーオプション自体の信用が低下 したのも事実です。

「ウチのサービスはこんなメリットがたくさん!」と書かれていても、よく見れば小さな文字で 「ただし・・・」 とシビアな条件が提示されており、なんだか後から肩透かしを食うような感じです。

もちろん、ハイローでも利用規約違反をすれば出金拒否となりますが、HighLow公式サイトはミスリードを誘う表現は使われていませんし、出金ルール・ボーナスルールもとてもシンプルなので安心ですよ。

ハイローオーストラリアの出金方法すべて!出金拒否や利益没収にならないための注意点と手順

安全な海外バイナリーオプション業者を選ぶなら、ハイロー(旧ハイローオーストラリア)一択と言っても過言ではありません。 その理由は、「金額にかかわらず儲けがちゃんと出金できる」ことです。 ハイローでは、 .

【裏技公開】ハイローオーストラリアでマーチン法(YAMI式)を使う方法

ハイローオーストラリアでマーチンを使う方法

バイナリーオプションやりたい。必要なものってなんやろう? 今回は上記の疑問にお答えします。 本記事の内容 バイナリーオプションでやること バイナリーオプションに必要なもの バイナリーオプションで注意が .

【バイト以上】ハイローオーストラリアは大学生でもできる?【結論⇒できる】 ハイローオーストラリアで得た利益

オレ大学生。ハイローオーストラリアがやりたい。もちろん女ともやり… 言わせねーよ⁉YAMI 今回は上記のなやみにお答えします。 本記事の内容 ハイローオーストラリアは大学生でもOK ハイ .

【絶対必見】ハイローオーストラリアのデモ取引を徹底解説!できない原因も

ハイローオーストラリアにデモ取引があるらしい。でも全く触ったことないからなんも分からんし、誰か詳しく教えてくれい… 今回はこんな悩みにお答えします。 本記事の内容 ハイローオーストラリアのデモ取引とは .

【徹底調査】ハイローオーストラリアは詐欺なのか真相をお話しします ハイローオーストラリアで得た利益

バイナリーオプションをするならハイローオーストラリアがいいって聞いたけど、海外業者やし詐欺臭くね? 今回は初心者向けに上記の疑問にお答えします。 この記事はこんな人にオススメ ハイローオーストラリアで .

【有料級】ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略する3つの方法

ハイローオーストラリアの30秒取引ってどうやって勝つん? 無料の範囲で攻略法を教えたるわ。って思ったけど書いてたら有料級になってもうたわ。YAMI この記事では上記の内容を深掘りして解説します。 本記 .

HighLow(ハイローオーストラリア)が違法や詐欺業者ではない理由

HighLow(以下ハイロー)は、マーシャル諸島共和国にあるHLMI Ltd.が運営するバイナリーオプション業者です。 以前は「ハイローオーストラリア」という名称で運営していたので、聞いたことがある人 .

日本人が海外バイナリーオプションを取引するのは合法

問題はバイナリーオプションのギャンブル性・中毒性の高さ

まず、バイナリーオプションは「一定時間ごのレートが今よりも上がるか?下がるか?」を予想するシンプルな二者択一の取引です。

しかし、シンプルであるがゆえ、 ギャンブル性が非常に高い 取引でもあります。

トレーダーは最初に任意のオプション料(投資額)を支払い、予測が当たると一定のペイアウト(払戻し)を受け取れます。

つまり、バイナリーオプションは勝てば投資額を2倍近くにできる反面、負ければゼロになってしまう ハイローオーストラリアで得た利益 極端にハイリスク・ハイリターンな金融商品 なのです。

バイナリーオプションの問題点は、その 中毒性の高さ です。

短時間で結果が分かることに加え、「あと少しで勝てる」「あと一歩で勝てたのに」といったスリルが脳の報酬系を刺激するため気分が高揚します。

バイナリーオプションのトレーダーは、そのスリルを繰り返し味わうことで ギャンブル依存症 に陥りやすい特徴があるんですね。これはパチンコやスロットの中毒性にも似ています。

パチンコやスロットのような電子ゲーム機の場合は、機械そのものに依存させる要因があります。例えば、あと一歩で当たる場面を見ると、脳の中の高揚感を感じる部位(「報酬系」と呼ばれ、ドーパミンという物質が関係しています)の働きが活発になってギャンブルを続けたいと思わせてしまいます。また、パチンコ台やスロット台の画像や音響には、負けていても勝っているかのような錯覚をおこさせて脳内の報酬系を活発にする効果があります。

本来ならどんな投資をするにも高度な専門知識・リスク管理が必要です。

しかし、バイナリーオプションはルールが簡単なので、大した勉強もせず誰でも気軽に始めることができ、さらに中毒性もあることから、 「大損してもなかなかやめられない」「負けを取り戻すために借金までする」 といったケースが大きな問題となりました。

そのため、世界ではバイナリーオプションを禁止・規制強化する国々が増えつつあります。

このように、バイナリーオプション自体に違法性や詐欺の疑惑がかけられてしまったのは、ギャンブル性・中毒性の高い取引を簡単に始められてしまうことが問題視され、 世界中で禁止・規制された背景があるため なんですね。

国内業者は自主規制によって魅力が低下している

日本の場合はどうかというと、バイナリーオプションの運営・利用は今のところ法律でちゃんと認められています(2021年8月時点)。

日本でのバイナリーオプションの位置付けは、金融商品取引法上はFXと同じ店頭デリバティブ取引です。

国内バイナリーオプション業者は金融商品取引業の登録を行い、金融庁の規制・監督を受けることでサービスを提供することが可能です。

しかし、現在では以下のような厳しい規制が設けられてしまったため、トレーダーにとっては以前と比べ全く 魅力のない金融商品 に成り下がってしまいました。

  • 固定ペイアウト禁止
  • 30秒・1分などの短時間取引の禁止
  • 1日あたりの取引回数は上限12回
  • 投資テストの義務化
  • ハイローオーストラリアで得た利益 ハイローオーストラリアで得た利益
  • 判定時間までポジション解消不可

海外の無登録業者は日本の金融庁から警告を受けている

日本でバイナリーオプションを運営する場合、業者は金融商品取引業の登録をしなくてはいけません。

これは国内業者だけでなく、 日本居住者を相手に取引する海外業者 も同様です。

無登録業者との取引にはご注意ください

バイナリーオプションは、金融商品取引法上の店頭デリバティブ取引に該当します。日本に居住する投資者に対してバイナリーオプション取引を業として行うときは、金融商品取引業の登録が必要です。たとえ海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されています。

しかし、 HighLowは日本で金融商品取引業の登録をしていない海外業者 にもかかわらず、現在でも日本人トレーダーを受け入れ続けています。

ただ、現在のところHighLowを含めた海外業者側もそれを利用するトレーダー側も何かの罪に問われたりペナルティを受けたりしておりません。

HighLowに違法性はあるが今のところは警告止まり

HighLowのような海外業者の場合、いくら違法性があり金融庁が警告を出したとしても、 直接的に処分やペナルティを課すことはできない ため、今のところは警告止まりの状態が続いています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

つまり、金融庁は事業者に 「日本居住者を相手に取引するなら金融商品取引業の登録が必須」 とは言っていても、「日本居住者に勧誘行為をしなければ、日本居住者からの注文を受けて良い」と言っているんですね。

本来であればウェブサイト・メールマガジンなどもこの勧誘行為に該当するはずですが、海外業者の日本語公式サイトの多くには「日本居住者向けではない」とちゃっかり明記して対策しています。

これは遠回しに「海外在住の日本人向けサイトを運営しているにすぎない」というスタンスにも受け取れるので、今のところは合法・違法どちらとも言えないグレーゾーンになっているわけなんですね。

出典:HighLow公式サイト「よくあるご質問」

しかし、HighLowについては、公式サイトにはっきりと 「日本人居住者の方が口座開設していただけます」と明記してしまっているため、極めて違法性が高い状態 だと言えるんですね。

そのため、HighLowは規制の緩いマーシャル諸島・セントビンセントグレナディーン諸島・バヌアツ共和国などでライセンスを取得し、取引条件やサービスの優位性を保ちつつ、現在でも日本人を受け入れ続けているのです。

トレーダーは自己責任を条件に合法的に取引できる

次にトレーダー側の違法性についてですが、実のところ金融庁はトレーダーに対して 「無登録業者はトラブルになりやすいから注意してください」 と注意喚起こそしているものの、けっして「無登録業者との取引は禁止です」とは言っていません。

つまり、トレーダーは自己責任の範囲であれば合法的に海外バイナリーオプション業者で取引できるということ。

とはいえ、確かに 「無登録業者はトラブルに巻き込まれる可能性が高い」 というのは事実なので、業者選びには常に注意が必要です。

HighLowは信頼性の高い優良業者だが誤解されやすい

取引ルールはシンプルだが利用規約違反に注意

海外業者によっては、口座開設や特定条件をクリアすることで、取引に使ったり出金できたりするボーナスがもらえるところもあります。

しかし、中には わざと複雑で分かりにくいボーナス利用規約や入出金ルール を作り、私腹を肥した悪質業者が存在するので注意してください。

ユーザーにしてみれば、「自分が詐欺被害にあっているのか?」「利用規約違反で出金拒否を受けているのか?」が非常に分かりにくいので、 このような一部の悪質業者のせいでバイナリーオプション自体の信用が低下 したのも事実です。

「ウチのサービスはこんなメリットがたくさん!」と書かれていても、よく見れば小さな文字で 「ただし・・・」 とシビアな条件が提示されており、なんだか後から肩透かしを食うような感じです。

もちろん、ハイローでも利用規約違反をすれば出金拒否となりますが、HighLow公式サイトはミスリードを誘う表現は使われていませんし、出金ルール・ボーナスルールもとてもシンプルなので安心ですよ。

ハイローオーストラリアの出金方法すべて!出金拒否や利益没収にならないための注意点と手順

安全な海外バイナリーオプション業者を選ぶなら、ハイロー(旧ハイローオーストラリア)一択と言っても過言ではありません。 その理由は、「金額にかかわらず儲けがちゃんと出金できる」ことです。 ハイローでは、 .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる