最新情報

すべる約定への対策法3つ

すべる約定への対策法3つ
法教育ホームページのリンクバナーにご自由にお使いください。
なお、バナー画像は改変せずにご使用ください。
法教育ホームページバナーはこちら↓

損害保険wくぇふぇg3gh

2005年9月27日、日本の損害保険会社の内の16社にて、保険金の大量不払いがあった事が発覚[1]。その後の調査で保険金不払いが確認されたのは 26社にまで達した。不払いは合計で約18万件、84億円に達し、不払いが確認された契約の大半が自動車保険の特約に集中していた。このため、金融庁がこ の26社へ業務改善命令の行政処分を行った[2]。その後、2006年8月11日から上記26社の再調査を実施したところ、さらなる大量の不払いがあった すべる約定への対策法3つ ことが判明し、合計で約31万8千件、187億円分という結果になり、先の行政処分が全くの無意味に終わっていたことが明らかになった。[3]

なお、損保業界の不払い問題はこれで終わらず、2006年6月の三井住友海上火災保険による第三分野保険で の不払いが発表されたのを皮切りに、2006年 11月には第三分野保険で不払いを行っていた損保会社は計14社にまで膨れ上がった。そして2007年3月14日には、そのうち10社が第三分野保険での 多数の不適切な不払いを理由に金融庁より業務改善命令を受け、さらにそのうち6社は努力が不十分として業務停止命令を受けるに至った。

このよう に、不払い調査をしたその後に新たな不払いが大量発覚することが相次いだため、金融庁は2006年11月17日に不払いが発覚した損保26社に対して不払 い調査のやり直し(通算3回目の不払い調査)を命じた。調査完了時期は保険会社により異なるが、2007年7月2日に損保26社全てでの調査が完了し、合 計で約49万件、金額にしておよそ381億円という結果になった。

また、こうした不払い問題の全容が明らかになるにつれ、保険募集人(保険販売 員、保険代理店など)による商品販売時の不適正行為が不払いの原因となった事案も目立つようになった。これを受けて、募集人資格を設けている日本損害保険 協会は、こうした状況を是正し募集人の法令遵守への意識を高めるために、2008年4月から募集人資格に更新制度を取り入れる方針を固めた。(それまでの 募集人資格は、基本的に一度取得すれば無期限で有効なものである)[5]

多数の保険会社で次から次へと不払いが 発覚してしまうという、まさに異 常な状態となってしまった損保業界であるが、これは「商品の販売だけを最重要視し、後の保障や既契約者のことは二の次三の次」といった営業・利益最優先の 体制によって、既存の顧客を軽視していたために引き起こされてしまった当然の結果であり、損保業界への社会からの信用が急速に薄らいだ。なお、各損保会社 はこの件に対して、商品の複雑化に伴うシステムチェック機能の甘さおよび伝達の遅れといった内部管理の杜撰さが原因と弁明している。

こ の事件が起きた後、保険会社による保険金支払い基準が一時的に緩くなった。不払いを恐れるがあまり、モラルリスク案件と 疑われるものでも保険金支払いが比 較的安易に行われるようになってしまった。裁判に持ち込まれた案件でも、被保険者に有利な判決が続いた時期があった。しかし、原油高や不況によるアフター ロス(契約期間偽装)、偽装事故、便乗案件等と疑われる事例が増え保険会社の損害率が増加するにつれて、保険会社側でも手間はかかっても事故に関して整合 性を技術的に確認し、物的に立証できた案件については支払を拒否するなどコンプライアンスを維持しつつ自衛の手段を取らざるを得なくなってきている。本 来、こういった手段を用いるのは請求額の多い案件が多く、保険金詐欺を狙ったプロによるもので手口も巧妙で立証が難しいものが多かったが、最近では一般の 素人によるもので請求額も低いものが増えてきている。尚、保険会社では立証によって詐欺案件と断定できた場合は請求者に対して調査にかかった費用全額を請 求すると共に、特に悪質な場合は警察に詐欺未遂で告訴することもある。また、裁判においても保険会社のこういった取り組みによって、物的証拠がきちんとし ているケースにおいては偽装と判断される判例が増えてきている。

海外のFX業者のXMについてです。 1万円を入金して888倍のフルレバで取引したとします。予想とは逆の動きを相場がして、強制ロスカットになったとします。その場合、XM内の取引可能額が0となり

XMはゼロカットシステムが採用されているので,約定が滑って 口座残高がマイナスになっても,放っておけば翌営業日には, 口座残高はゼロにリセットされます.赤字分を請求される ことはありません.

ThanksImg

お礼日時: 2020/4/22 11:20

その他の回答(2件)

スプレッドがあるので、エントリーした瞬間にほぼアウトですね。 請求されることはありませんが、口座にマイナスが残っている間は入金すれば相殺されます。

いいえ フルレバで取引した場合は1pipsでも逆に行けばロスカットですし 滑れば200pipsくらい平気で滑りますよw ざっと-200万の888倍ですね

あわせて知りたい

銀行の外貨預金って損しやすいのですか。

銀行の外貨預金って損しやすいのですか。

仮想通貨は発行し切ったコインとまだまだ発行するコインだと具体的に何が違うのでしょうか。 発行が終わっているコインの方が価格が上がりやすいのでしょうか。

仮想通貨は発行し切ったコインとまだまだ発行するコインだと具体的に何が違うのでしょうか。 発行が終わっているコインの方が価格が上がりやすいのでしょうか。

インフレ状態のアメリカに対して円安って、見かけ以上の通貨安なのでは? そもそもインフレってことは物に対してドルが弱々ってことですよね。 そのドルに対して円が弱々ってことですよね。

インフレ状態のアメリカに対して円安って、見かけ以上の通貨安なのでは? そもそもインフレってことは物に対してドルが弱々ってことですよね。 そのドルに対して円が弱々ってことですよね。

個人輸入で海外の商品を買おうと思っていて、一時的にちょっと円高になったタイミングで買おうと思っているのですが、もう1ドル120円台には戻りませんかね?

個人輸入で海外の商品を買おうと思っていて、一時的にちょっと円高になったタイミングで買おうと思っているのですが、もう1ドル120円台には戻りませんかね?

FXの課税について質問です。 課税条件を調べてみると、あるサイトに下記のように記載されておりました。 <FX取引で利益が発生した場合></p>
<p>利益が発生した場合は、原則として確定申告が必要となります。ただし、以下の場合は確定申告が不要です。 年収2,000万円以下の会社員で、給与を1カ所から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、給与所得・退職所得以外の所得(FX取引で得た利益を含む)の合計額が20万円以下の場合 自営業者やフリーランス、無職などで、年間の所得の合計額が48万円以下(基礎控除額)の場合 いずれの場合も住民税(地方税)の申告は必要ですので、注意しましょう。 以上 この場合の合計額が20万円以下というのは、年間ですか?月ですか? ご教授よろしくお願いいたします。

すべる約定への対策法3つ


生きるチカラ!法教育

  • 法教育PR動画「生きるチカラ!法教育」はこちら↓
    ※動画のリンク先は、YouTube法務省チャンネルです。
  • 法教育リーフレットはこちら↓
    ※点字版もございます。送付を御希望の方は、問合せ先まで御連絡ください。

・中学校における法教育の実践状況に関する調査研究報告書を掲載しました。こちらから御覧ください。(令和4年4月27日)
・令和3年8月17日(火)に開催した「教員向け法教育セミナー」について、実施報告書等を掲載しました。こちらから御覧ください。(令和3年11月24日)
・成年年齢引下げに向けた高校生向けリーフレットの内容に関する解説動画を掲載しました。こちらから御覧ください。(令和3年10月29日)


    小学生・中学生・高校生向け法教育教材
    についてはこちら。
    ・小学生を対象とした教材
    ・中学生を対象とした教材
    ・高校生を対象とした教材
    法教育教材の学校現場における具体的な
    活用事例をまとめたモデル授業例はこちら。
    教員向け法教育セミナーについてはこちら。
    法教育の出前授業についてはこちら。
    高校生向けリーフレットについてはこちら。
    法教育推進のための法教育推進協議会
    についてはこちら。
    法教育マスコットキャラクターについては
    こちら。
    法教育におけるその他の取組はこちら。

法教育公式ツイッター

法教育バナー

法教育ホームページのリンクバナーにご自由にお使いください。
なお、バナー画像は改変せずにご使用ください。
法教育ホームページバナーはこちら↓

>>81
インターバンクは客Aおよび客Bではなく、店頭取引業者と取引しています。
注文を全てインターバンクに通して客Aが大儲けして清算、客Bが追証の時、
インターバンクから見ると店頭取引業者が両建てポジションの儲かった側をはずしただけです。
客Aの出金要請と客Bの追証遅延による不足金を建て替えるのはやはり店頭取引業者です。
だから客Aと客Bの注文を相殺せずにインターバンクに通しても自己資本は改善しません。

客同士で相殺できない注文を店頭取引業者が呑む事による
客が儲かるほど店頭取引業者が損する仕組みは
店頭取引業者が呑まずにインターバンクに通せば解決します。
スキャルピングはインターバンクでカバーしきれないから
スキャルピングで儲けている客を追い出そうとしているのでしょう。

しかも、
刑務所レベルの悪徳経営者が劇甘行政処分で終わっていたりとか
金融監督というセーフティーネットもまともに機能してない。

ramen

>>108
ヒロセはいい業者だぞ
条件満たすと食いもんくれるんだぞwwww
しかも簡単

旧金融先物取引法時代に
金融庁から正規の金融先物取引業者としての
登録を完了できなかったような業者を
何も心配なく、口座開設しちゃうとか
感覚が麻痺しているの?

lion-fx-hirose

おすすめ記事

ツイッターで更新情報をお届け☆

  • 名無しさん
  • 2013年 7月 すべる約定への対策法3つ 28日

自分で考えずに「どこそこの業者なら信用できる」と思考放棄してる奴は単なるカモだよ
信じる奴は騙される
自分で物事を考えない奴はどこまでいっても搾取されるだけの養分だよ

  • 名無しさん
  • 2013年 7月 29日
  • 名無しさん
  • 2013年 7月 31日
  • 名無しの投資家さん
  • 2014年 11月 22日

●FXは金融商品取引法に規定された合法的な「のみ行為」
FX(外国為替保証金取引)が株取引と同じように投資・資金運用の対象になるかのように扱われていますが、FXは金融商品取引法第2条第22項に規定された合法的な「のみ行為」です。お客の損した分が業者の売上・利益になるので、株取引とは違って投資・資金運用の対象にはなりません。FXとは金を払って遊ばせてもらうパチンコや競輪・競馬のようなゲーム・娯楽であり、合法的な賭博と考えるべきでしょう。
http:すべる約定への対策法3つ //ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%9F%E8%A1%8C%E7%82%BA ウィキペディア=「ノミ行為」
http://okwave.jp/qa/q8776223.html?by=datetime&order=DESC#answer OKWeb=回答No6「FXは合法的な「のみ行為」」
http://okwave.jp/qa/q8801004.html OKWeb=回答No3「FX,相対取引なので業者は会員個別にレートを配信する」
http://okwave.jp/qa/q8758363_2.html?by=agree#answer OKWeb=回答No8「FXでは会員の負けた分が業者の売上・利益になる」
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html FX、お客が損すりゃ業者は儲かる
http://d.hatena.ne.すべる約定への対策法3つ jp/yamada-home/20100417/1271527356 弁護士ブログ=カバー取引とそれに対する批判投書
http://okwave.jp/qa/q4268476.html すべる約定への対策法3つ OKWeb=質問「買えば下がる・売れば上がる・・FX会社に操作されているとしか思えません」にたいするピント外れな回答
http://matome.naver.jp/odai/2134267641949953701 株取引と勘違いして、多額の資金をFX業者に貢ぎ込んだ人たち「FXで損した人たちの生々しい話」
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=FX amazon.co.jp=「皆が儲けりゃ業者は破綻」を隠して「FXで儲けましょう」と煽り立てる書籍群
「知ってるくせに何もしなかった。不作為の作為!!」と言われないために……………

  • 名無しの投資家さん
  • 2015年 すべる約定への対策法3つ 6月 01日

FX,業者は会員個別にレートを配信する
株式は「仲介取引・受渡決済」ですが、FXは「相対取引・差金決済」です。その「相対取引」とは・・・・
●外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれません。いわゆる取引所を介さずに、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを、相対取引といいます http://kotobank.jp/word/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E5%8F%96%E5%BC%95 朝日新聞社 kotobank 出典:(株)外為どっとコム
朝日新聞社・FX業者の外為どっとコムの説明を尊重すれば、FXではそれぞれの会員が業者と相対(一対一)で交渉し。時にはA会員は1ドル101円で、B会員は1ドル101円02銭で、C会員は1ドル101円05銭で買うような場合もあるかも知れない。それは業者が各会員の指値に応じた、会員に違ったレートを配信していた、ということだ。業者が「相対取引ですよ」と断るのは「これは相対取引なので、すべての会員に同じレートを配信するとは限りませんよ。時には特定の会員を狙い撃ちして、ストップ狩りをすることもあるかも知れませんよ」と言っていると理解すべきでしょう。常に会員すべてに同じレートを配信していたら、相対取引の要件である「相対(一対一)で交渉する」に外れることになる。
個別にレートを配信することは違法ではありません。それが気に入らない人はFXをやりません。
●OKWeb=質問「買えば下がる・売れば上がる・・FX会社に操作されているとしか思えません」 http://okwave.jp/qa/q4268476.html
●FXは金融商品取引法に定められた合法「のみ行為」なのですよ http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html

  • 名無しの投資家さん
  • 2015年 7月 21日

FX、インターバンク取引はやらない
FXは金融商品取引法第2条第22項に定められた店頭デリバティブ取引で、「金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う取引。差金の授受によつて決済することができる取引」とある。FXはインターバンクなどの金融商品市場による取引はやらない、と法律に規定されている。それでも取引しようとするとどうなるか?
●銀行間の取引は最低1口100万ドル単位。差金決済ではなく、RTGSです。100万ドルの買い注文を出すと瞬時に100万ドル相応の日本円が会員の口座から業者の口座に移され、カバー銀行を通して銀行間で取引された100万ドルが会員の口座に入金される。これが取引の基本。レバレッジも差金決済もない。1ドル100円とすると1億円。株取引には比例配分があるが、FXにはその規定はないので、小口の注文を集めて取引することはできない。会員は業者とカバー銀行両方に取引手数料を払うので。こういう取引をする投資家はいない。
●会員と業者間で差金決済すれば、会員が最低保証金額400万円を入金すると、円、ドル、ユーロなど通常8通貨を売ることができるので、業者は100万ドル(1億円)相当の通貨を8種類(総計8億円相当)用意しなければならない。1か月取引がないと、その資金を寝かすことになり、その金利だけでもバカにならない。会員が10人、100人、1000人になると必要な通貨量は?こんな資金負担が大きく、資金効率の悪い商売をするはずがない。
●FXとは、会員からの注文を受けたときに、その注文を呑み込んで、商品市場における取引等をしないで、自己(業者)がその相手方となつて取引を成立させる取引です。株取引は仲介取引・受渡決済だけど、FXは相対取引・差金決済。レートが違うし、銀行間取引は深夜は眠っている。NDDなどあり得ません。

  • 名無しの投資家
  • 2015年 9月 01日

FX、お客が儲かりゃ業者は破綻
FXは金融商品取引法第2条第22項に定められた店頭デリバティブ取引で、「金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う取引」と法律に規定されている。会員の注文があると、その注文を呑み込んで、同業他社・カバー銀行・インターバンクなどに取り次がず、業者自身が取引相手となって取引を成立させる、商品先物取引法第212条に規定されている「のみ行為」です。
業者はそれを「契約締結前交付書面」で「相対取引」と説明している。「相対取引」とは、●会員と業者のみで取引を成立させ第三者は関係しない。●会員と業者が相対で取引条件を交渉し、時には会員個別に違ったレートを配信する。●会員と業者の利害が相対し、会員の損した分が業者の売上・利益になる。●このため業者は独自のレートを配信することができる。
会員の9割が損していると言われるFXですが、会員が儲ける始めると業者は赤字倒産する。それを防ぐ方法は2つ、(1)会員すべてのポジションを把握しているコンピュータが目立たないようにレートを操作して赤字倒産を防ぐ。(2)カバー取引をしてリスクをカバー銀行に振り向ける。これは会員からの注文を受けると、全く同じ注文を、瞬時にカバー銀行に発注し、決済取引でも(深夜であっても)瞬時に発注する。会員が10万円儲けると業者は10万円赤字になるがカバー銀行から10万円入金されるので損益は+-ゼロ。
金融庁も、スプレッドの差が業者の利益になるのではなく、会員の損した分が業者の売上・利益になり、会員が儲け始めると業者は赤字倒産するので、経営安定のためにカバー取引が必要と認めている。http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20071207-4.html

  • 名無しの投資家
  • 2015年 9月 05日

●FX、カバー取引の謎 日本経済新聞は、きょうのキーワード「カバー取引」で次のように説明している。
FX業者が顧客から受けた注文のリスクを減らすために金融機関と行う外為取引。例えば、顧客から「円売り・外貨買い」の注文を受けた場合、FX業者は「円買い・外貨売り」の持ち高を持つため、カバー取引先に「円売り・外貨買い」の注文を瞬時に出す。
カバー取引先の金融機関は比較的体力のある大手銀行が中心だが、昨年9月に経営破綻したリーマン・ブラザーズも参入していた。顧客資金をリーマンに預託していたFX業者は、資金返還が滞るなどの問題が生じている。[2009年2月8日] すべる約定への対策法3つ http://www.nikkei.com/money/investment/toushiyougo.aspx?g=DGXIMMVEW4000009022009000001
客が10万円儲けると、業者は損益+-ゼロ。カバー銀行は10万円の赤字。カバー銀行はどの様にカバーするのでしょうか?客が10万円負けると、業者は損益+-ゼロ。カバー銀行は10万円の儲け。多くの客が損すれば、カバー銀行は結構儲かってウハウハ。スプレッドの差が利益になるのではないからカバー取引をする。業者は儲ける手段を持たない。
FXは「相対取引」なのでカバー取引をする→カバー取引は客の注文を(飲み込まないで・深夜であっても)カバー銀行に取次ぐ仲介取引・受渡決済。契約締結前交付書面には相対取引・差金決済とある、業者は嘘をついているのか? カバー銀行と業者のレートは違う、金融市場は深夜は眠っている、カバー取引には多額の資金・通貨が必要。「カバー取引の謎」、本当はどうなのでしょうか?
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx-2.html#13

  • 名無しの投資家
  • 2015年 10月 10日

FX、カバー取引の矛盾
レバレッジ200倍の法人会員が100万円の保証金を入金すると、円・米ドル・ユーロ・豪ドルなど2億円相当の通貨、通常8種類を売ることができるので、カバー取引のために、業者は8種類の通貨合計16億円相当を用意しなければならない(2010年7月までは個人会員でも200倍が可能であった)。会員と業者との取引ではレバレッジ・差金決済があるが、金融機関同士はRTGSなので、保証金が入金されたら瞬時に用意しなければならない。これは会員が1社の場合。10社、100社となると膨大な通貨・資金が必要になる。1か月取引がなければその通貨・資金を寝かせておくことになり、金利負担が大きい。この様な資金効率の悪い商売をするはずがない。資金面から考えてもカバー取引が不可能であることが分かる。
カバー取引が出来なければどの様にして赤字倒産を防ぐのか?答えは簡単。全ての会員のポジションと資金を把握しているコンピュータが目立たないようにレートを操作して赤字倒産を防ぐ。「早めの損切りを」の教えを忠実に守っている会員には小さなレート操作で大きな効果が期待できる。
レート操作をしないくりっく365は取引手数料をとって、破綻を防ぐ。外部に対しては、一日一回程度取引をして「100%ではないが、随時カバー取引をしています」と言い訳をするのでしょう。
カバー取引と言うことによって、「会員が儲けても業者は破綻しない」ということから「会員の損した分が業者の売上・利益になる」ということが忘れ去られることになり、「会員の損益は業者の損益には関係しない」「株取引と同じように投資・資金運用の対象になる」という幻想が生まれることになる。

Eduwell Journal

Author:今井悠介
大学在学中に、不登校児童等の支援に携わる。卒業後、株式会社公文教育研究会(KUMON)に入社し、子どもの学習指導や学習教室のコンサルティング業務に従事。東日本大震災後、チャンス・フォー・チルドレンを設立し、代表理事に就任(2014年に内閣総理大臣の認定を受け、公益社団法人化)。全国子どもの貧困・教育支援団体協議会幹事を兼務。共著「東日本大震災被災地・子ども教育白書2015」。

  • « 前の記事 :子どもの自然体験活動コーディネーターという仕事-子どもと自然と地域をつないで新しい学びを生み出す!
  • 次の記事 :大人気の子どものしつけアプリが百害あって一利なしの理由-手軽で便利なしつけの代償は後で高くつく »

関連キーワード

読者コメント

マガジンについて

Eduwell Journal

子どもと若者の成長を支えるWEBメディア! Eduwell Journalでは、子どもや若者の支援に関する様々な情報を毎月ご紹介しています。子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実.

発行頻度 : 月1回 すべる約定への対策法3つ
読者登録 : 誰でも読者登録可能
発行責任者 : eduwell_journal
月額購読料 : 月額 660円 (税込)
創刊日 : 2012/11/20
最新発行日 : 2021/03/10

yusuke_imai

1986年兵庫県神戸市出身。関西学院大学 社会学部卒業 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 代表理事 小学2年生のときに阪神・淡路大震災を経験。 大学 すべる約定への対策法3つ 時代は、青少年育成活動を行う特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーに所属。大学2年生時より同法人不登校関連事業部代表を務め、不登校の.

「経済・希望格差を超えるための教育環境」の作り方-若者一人を無業者にすれば、最低4,600万円以上の損失!

「どうせ僕は将来ニート」 先生「うちの学区には、コウソウがあるんです。」 私「コウソウ?それはなんですか?」 2005年に私がキャリア教育コーディネーターとしてある地方都市の小学校へ行った.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる