の収益源

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
分りやすく掛金1000円でエントリーします!1マーチンまでのエントリーでマーチン倍率は2.0倍にします。ペイアウトは1.85倍とします。 ※マーチン倍率2.0倍とは、1000円で負けたら次に2000円でエントリー(負けると総額3000円の損失)
※マーチン倍率が2.2倍ならば、1000円で負けたら次に2200円でエントリー(負けると総額3200円の損失) では、エントリー開始!!やったー!!8連勝達成!!※ただ、全部1マーチン勝ちだな…でも勝てばいいか!

あー、連敗してしまった…でも8勝2敗だから大丈夫!!勝率80%だから余裕で利益出てるはず…あれ!?損失が出てる… というような流れとなります。金額で説明します。 まず、上記設定で1000円の掛金で1マーチン勝ちすれば700円の利益となります。700円×8勝したわけです。なので、5600円の利益でした。 1マーチン設定で2回負けると1敗が-3000円×2敗なので6000円の損失つまり、トータルで-400円となります。 上記はあくまで例です。8連勝がすべて1マーチン勝ちということはあまり無いかもしれません。8連勝で止める、または1敗した時点で止めれば利益は出ます。ただ、2連敗スタートの場合はどうでしょうか?恐くてこれ以上稼働出来ませんよね。

『死神』バイナリーオプションサインツール【検証とレビュー】

分りやすく掛金1000円でエントリーします!1マーチンまでのエントリーでマーチン倍率は2.0倍にします。ペイアウトは1.85倍とします。

※マーチン倍率2.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 0倍とは、1000円で負けたら次に2000円でエントリー(負けると総額3000円の損失)
※マーチン倍率が2.2倍ならば、1000円で負けたら次に2200円でエントリー(負けると総額3200円の損失)

では、エントリー開始!!やったー!!8連勝達成!!※ただ、全部1マーチン勝ちだな…でも勝てばいいか!

あー、連敗してしまった…でも8勝2敗だから大丈夫!!勝率80%だから余裕で利益出てるはず…あれ!?損失が出てる…

というような流れとなります。金額で説明します。

まず、上記設定で1000円の掛金で1マーチン勝ちすれば700円の利益となります。700円×8勝したわけです。なので、5600円の利益でした。

1マーチン設定で2回負けると1敗が-3000円×2敗なので6000円の損失つまり、トータルで-400円となります。

上記はあくまで例です。8連勝がすべて1マーチン勝ちということはあまり無いかもしれません。8連勝で止める、または1敗した時点で止めれば利益は出ます。ただ、2連敗スタートの場合はどうでしょうか?恐くてこれ以上稼働出来ませんよね。

死神が向いている人

  • バイナリーオプションの1分足もしくは5分足トレードに興味がある
  • バイナリーオプションを無裁量で行いたい
  • 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  • 勝率60%でもトータルで勝てるなら気にしない
  • マーチンゲールを使っていない事を評価する
  • LINEサポートを希望する
  • バイナリーオプションでマーチンができないのが嫌だ
  • 購入前にトレードロジックが完全に分からないと納得できない
  • 勝率60%程度では納得できない
  • バイナリーオプションが嫌い

評価: (高評価) 過去にも高評価のバイナリーオプションツールを販売していた開発者がリリースした最新バイナリーオプション商材。以前の自由な設定が可能なツールとは真逆のパラメーター固定したツールで通算勝率60%程度を狙いトータルで勝ちを目指すツール。

ユーロドルで10年間トータルで勝率60%の実績がある完全無裁量ツール。マーチンゲールを使っていない事も含めて極めて現実的なツール。

現在、最新バージョン(v3)の福猫バイナリーツールを販売しています(まもなく値上げの予定)。 [sitecard subtitle=福猫バイナリーツール購入記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/fukunek[…]

福猫バイナリーツール:インジケーターのパラメーター

福猫バイナリーツールが販売中ですが、この記事ではシグナルを元にしたトレード検証結果を紹介します。 裁量部分はごく一部ですので、ほぼ無裁量でトレードが可能です。 福猫バイナリー 評価:[star-li[…]

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

裁量トレードとシステムトレードはどちらがいいのか?

個人投資家、いろんな投資塾に参加したりトレード手法を見てきた中で、「自分にあった投資手法」を見つける事ができると、ストレスなく投資で生活できると実感!その人にあった投資を見つけられるように情報発信をしている。 私と同じような投資タイプの人の為に日経225オプション戦略やオプションの基礎知識などの情報を発信 また本気で自己投資できる方には日経225オプションの私の手法をお伝えして投資初心者の方でも無理なく結果を出せています。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

最高です!人生が変わりました。

FX株EAで勝てなトレーダーさんへ損小利大の225オプション取引トレード手法を公開します。

NISA枠を使って株を買ってみた

日経225オプションチャートと日経平均VIボラティリティー

盛り上がったボラティリティは売れば勝てる

日経平均の変動が小さいことを予測する戦略ショートストラングル

押し目買い戻り売りタイミング手法FX,MT4EA

日経225オプション先物取引


こんにちは、山口です。Amazonで著書が1位になりました、ありがとうございます。日本大好き、投資、日経225オプション、FX、日経先物、仮想通貨(暗号通貨)、不動産投資、株式(IPO等)もしてます。昔は小さい店舗経営なんかもしてましたが、今は投資で稼いで好きなアニメを見たり、猫や小さいドール(オビツ11・キューポッシュ・ねんどろいど等)の写真撮って趣味を満喫しています。

また本気の方には日経225オプションの必勝法をお伝えして投資初心者の方にも無理なく稼いでもらってます。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

塾生さんの実績(2017年~) 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
※予想不要の裁量不要の手法を直接指導した実績になります。
※投資ですので同じ手法でも資金が多いほど利益額は多くなりますので、額はあまり意味はないかもですが参考までに

月収100万円以上達成 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 3名 ←New
月収50万円達成 9名 ←New
月収20万円達成 多数(50名以上)

「誰でもできる、簡単でお手軽、相場の予想不要、そして皆同じ結果になる手法」にこだわり、この考えを実現できるのはFXでも株でも日経225先物でもなく、「日経225オプションだけ!」だと考え実践しています。

・チャートは見ない
・銘柄の分析・予想はしない
・裁量不要で誰でも同じ結果

このようなオプション手法が気になる方は 無料の「0から始めるオプショントレーダー養成講座 OPTIONEA」 にまずは参加してみてくださいね。

衝撃の真実! FXで儲けているのは裁量取引
ユーザーではなく自動売買ユーザーだった!

「トライオートFX」ユーザーの実現損益

「トライオートFX」ユーザーの実現損益(クリックで拡大)

注目したいのは「選ぶだけの自動売買」。こちらは景色がまったく違う。マイナスになった月は1カ月だけ。ほとんどの月で損益がプラスとなり、「裁量取引」と圧倒的な差がついている。

さらに、特筆すべきは「選ぶだけの自動売買」を利用している投資家の21%は、FXの経験がない、まったくの初心者ということだ。これは驚きの結果だろう。

このデータから導ける結論は2つ。 「FXで勝ちやすいのは裁量取引よりも自動売買」 、そして 「自動売買なら、自分で設定するよりも、用意された自動売買プログラムを選ぶだけのほうが勝ちやすい」 ということ。

「トライオートFX」で自動売買を使っているFX投資家の声

プロローグ2

■裁量取引のデメリットを克服した自動売買の実力

なぜ自動売買は裁量取引に比べて好成績を収められるのか。それは、裁量取引につきまとうデメリットを克服したことが大きな理由といえる。

しかし、自動売買は違う。24時間、いつでもルールに従って機械が取引してくれる。投資家が仕事中であろうと食事中であろうと睡眠中であろうと常に相場をウォッチし稼働する。

投資家のやることといえば、1日1回程度、口座にログインして相場状況や売買状況を確認するだけ。数分もあればできる作業だから、隙間時間で完了する。日常生活に支障をきたすことはまずない。

メリット1

24時間休むことなく 自動で売買してくれる

メリット1画像

為替市場はほぼ24時間動く。夜帰宅してから取引できるのはFXの魅力だが、常に急変する可能性があり、絶えず相場を気にする必要がある。その点、自動売買なら発注はすべて機械にお任せ。相場が動けば自動で売買してくれるから、ストレスなくFXと付き合える。もちろんPCやスマホの電源を落としていてもシステムは稼働する。

メリット2

感情が入らないから ルールどおりに取引 できる

メリット2画像

FXで最大の敵とされるのがメンタル。相場の動きに翻弄されて高値で買ったり底値で売ったり、あるいは連敗の焦りから自分が決めたルールを破って取引したりと、メンタル崩壊で大損する人は多い。自動売買なら決められたルールに従って淡々と売買していくため、メンタルの強い弱いに関係なく取引できる。

メリット3

1日数分くらい 取引画面をチェックすればOK

メリット3画像

自動売買を始めたら、やることは定期的なチェックだけ。損益の状況や、思わぬ相場急変で大きな損失が出ていないかなどを確認する。ほとんど何もしなくていいレベルだ。しかも、注文が約定すればメールで通知されるため、取引状況も自然と把握できる。利益確定通知がくれば、ホクホク楽しい気分に!

メリット4

プログラムを選ぶだけ で始められるタイプもある

メリット4画像

自動売買の設定を自分で行うには、多少なりともFXの知識が必要だが、最近はあらかじめ用意されたプログラムを選ぶだけで始められるタイプもある。為替のプロが作ったプログラムだから成績優秀なものが多い。シミュレーション結果などを参考にして、これぞというものを選べばOK。あまり難しく考える必要はない。選びさえすれば、すぐにFXが始められる。

メリット5

同じプログラムを選べば ベテランも初心者も同じ成績

メリット5画像

FXの知識や経験は一切関係なく、同じプログラムを使えば同じ結果になるのが自動売買。裁量取引だと、ちょっとした判断の違いや売買タイミングの遅れから、「憧れの億トレーダーと同じ手法でやっているのに、なんで結果がこんなに違うのだろう…」と悩むこともあるが、自動売買なら誰もが同じ成績になる。

■初心者ほど自動売買でFXを始めるべき!

Let

しかも、同じプログラムを選べば、FX歴10年の人も、今日始めた人も成績は同じ。裁量取引では、知識や経験によって成績に大差がつくが、選ぶだけの自動売買は初心者だからといって不利になることがない

つまり、FX初心者ほど自動売買、できれば選ぶだけのタイプを利用すべき。着実な利益が期待できるだろう。仕事や家庭、趣味も大切にしつつFXを楽しみたいなら、さっそく始めてみよう。

プロローグ3

■「トライオートFX」で自動売買を始めよう!

実際に自動売買を始めてみようと思ったら、やり方は2つある。前述のとおり、用意された自動売買プログラムから選択する「選ぶだけの自動売買」と、自分で設定する「自作の自動売買」だ。

そんな、レベルに応じてステップアップが目指せるFX口座がある。 インヴァスト証券の「トライオートFX」 だ。選ぶだけの 「自動売買セレクト」 と、自分で設定できる 「ビルダー機能」 が用意されている。

■迷わない、悩まない 2種類の自動売買プラスα

「自動売買セレクト」の仕組みはとてもシンプル。ランキング表示された自動売買プログラムから選ぶだけ。しかも、自動売買プログラムは17本と多すぎず、どれを選んでいいか迷う心配もない。これぞというものを選んだら「カートに入れる」をクリックするなど、まるで通販感覚で始められ、親近感がわく。

自動売買セレクト

一方、「ビルダー機能」は本格仕様。といっても決して難解ではない。自分の思い描いた戦略に沿って、チャートを見ながらフォーマットに数値を入力していけばいいのだ。最初は戸惑っても、慣れてくれば自在に設定できるだろう。

ビルダー機能

実は、「トライオートFX」にはプラスαの取引手法がある。それは「マニュアル注文」、つまり裁量取引だ。やり方次第では、自動売買と組み合わせて分散効果が期待できる。

マニュアル注文

オススメはスワップ狙いの高金利通貨投資。「トライオートFX」ではトルコリラ/円のスワップが業界最高水準となっており、自動売買で相場の波に乗りつつ、マニュアル注文でスワップ狙いの中長期投資、という戦略も考えられる。

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

選ぶだけの「自動売買セレクト」、オーダーメイド感覚の「ビルダー機能」と、初心者も上級者も簡単に自動売買ができる インヴァスト証券[トライオートFX] では現在、 ザイFX!限定タイアップキャンペーン を含め複数のキャンペーンを実施中です。

1つは [トライオートFX] の操作方法がバッチリわかる「この一冊から始める トライオートFXのチュートリアル本」がもらえるというもの。

インヴァスト証券トライオートFXチュートリアル本キャンペーン

条件は、 ザイFX! 経由で インヴァスト証券[トライオートFX] に新規口座開設するだけ!

そして2つ目が、 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い ザイFX! 経由の新規口座開設が2020年5月31日(日)までに完了し、口座開設の翌月末までに [トライオートFX] で一定の取引をすると、最大3456円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

インヴァスト証券トライオートFXタイアップキャンペーン

自動売買で3万通貨以上の新規取引をすると3000円、マニュアル(手動)で1万通貨以上の新規取引をすると456円がもらえます。キャッシュバック金額は、合計で3456円です。

また、最大12万円がキャッシュバックされる インヴァスト証券 独自の新規口座開設キャンペーンもあります。

新規口座開設キャンペーン

自動売買取引のキャッシュバック条件

マニュアル取引のキャッシュバック条件

条件達成期日と入金判定日

本取引は、店頭外国為替証拠金取引であり、元本および利益が保証された取引ではありません。取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、有効比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。取引を開始されるにあたっては、本取引の仕組みやリスクを十分ご理解いただき、お客様自身の責任と判断で取引していただきますようお願いいたします。 ●売買手数料について・マニュアル注文は新規注文・決済注文ともに無料です。 ●自動売買注文は上限として1,000通貨単位あたり20円(0.2/米ドル/スイスフラン/NZドル/ポンド/豪ドル)です。自動売買注文での建玉を手動で決済した場合も同様に手数料が発生します。受渡決済に係る手数料は、1,000通貨単位あたり1,000円(ただし、10,000通貨未満の場合は1件あたり10,000円)です。 ●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。 ●証拠金は、証拠金の25倍までのお取引が可能です。各通貨ペアの毎営業日の終値を基準価格として、その価格に応じた必要証拠金額(円換算額)を翌営業日に適応いたします。法人は各通貨ペアの毎営業日の終値に対し、金融先物取引業協会公表の為替リスク想定比率を加味した金額(円換算額)を適用いたします。 トライオートFXのリスク・重要事項については、当社ホームページを必ずご覧ください。

【商号/登録番号】インヴァスト証券株式会社 〒103-0004 東京都中央区東日本橋1丁目5番6号 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる