FXブログ

ヘッジファンドと国際金融市場

ヘッジファンドと国際金融市場
1: 2022/06/15(水) 16:12:16.86 ID:CAP_USER

年表作成・共有サービス - pastport

例)
①米国などで、同一銘柄の株式が複数の取引所で異なる価格が付いている場合に、高い方の取引所でその銘柄を売り、安い方の取引所で買います。やがて双方の価格は収束していくため、その価格差が利益になります。②日経平均先物の価格が理論価格(現物の株価から計算される理論値)よりも高ければ、先物を売って現物株を買います。やがて先物価格が修正されて下がってくれば、利益を採ることができます。③国債市場で、年限から導き出される適正値からはずれた国債をターゲットにします。取引が集中している価格が割高な国債を売り、取引が少なく割安となっている国債を買い、やがて両者の価格が適性値に戻れば利益を得ることができます。
アービトラージは、本来の適性値からずれている投資対象のわずかな価格差を狙います。

例)
①企業の買収や新製品開発が予想される場合に、買収される企業や新製品を開発する企業の株式を、実現しそうな場合は買い、失敗しそうな場合は空売りしておき、結果が判明した後に決済、利益を得ます。②経営危機に陥っている企業の株式や社債に着目し、経営の回復を見込んで安い時点で買い込み、回復後に価格が持ち直した時点で売って利益を得ます。
イベントドリブンでは、企業イベントが実際にどう決着するか、その予測の精度が成否の分かれ目です。

・グローバルマクロ
・ロングショート
・マーケットニュートラル

年投資収益率
2007年44.52%
2008年26.74%
2009年73.05%
(注)データ出所:Zask(2013)

その1:金融教育の不足
日本では学校で金融を学びません。
お金を増やすことをテクニカルに教わることはないのです。

アメリカの高校卒業世代までの教育課程における金融の割合参考:href=�https://www.ヘッジファンドと国際金融市場 councilforeconed.org/wp-content/uploads/2018/02/2018-SOS-Layout-18.pdf” rel=”noopener noreferrer” target=”_blank”>survay of the states 2018

ヘッジファンド
投資信託
対象投資家機関投資家 IPO創業者 富裕層
企業年金など

個人の投資家
投資金額数千万、1億以上安いものは1,000円からでも可
投資対象株式や債券、金融派生商品など様々株式や債券など一般的な資産
収益目標絶対収益(絶対リターン)ベンチマークを多少でも上回るように
収益を設定

レバレッジ最大で10倍程度基本的になし
投資戦略ロング&ショート、アクティビスト、マーケット・ニュートラル、イベント・ドリブン(空売り)、マネージド・フューチャーズ など様々インデックス運用(株価指数連動)が中心
成績年平均15%前後のリターンマイナスが多い(ほとんど相場に連動しているのみ)
その3:ヘッジファンドが日本国内で露出しにくい
上図を見れば、投資信託よりヘッジファンドのほうがパフォーマンスが高いのは明らかです。

時代の最先端を行く世界のヘッジファンド
海外のヘッジファンドは、時代の流れをいち早く掴み、それを投資の世界に取り込んで活用しています。
その代表的なものが、仮想通貨投資とAIの活用です。

パンテラ・ビットコイン・ファンド
2013年の設立で、主にビットコインを専門に取引するファンドですが、設立以来の累計リターンが2万5004%となっています。
設立時からの年平均リターンも250%前後と、非常に高い運用成績を上げています。

ツーシグマ
AIを活用して急成長を続ける米国のヘッジファンドですが、膨大なデータを収集、機械学習で分析して投資を行うなど、最先端のAI技術を取り入れています。
ツーシグマのコンパスファンドでは、2011年~2016年は毎年すべてプラスのリターンで、中でも2014年は25.6%の利回りを実現しています。

ルネッサンス・テクノロジーズ
数学者ジェームズ・シモンズが設立した米国のファンドで、人間の感情を排除し機械的な運用を行っています。
2017年は、プラス2桁台のリターンを上げています。

ブリッジウォーター・アソシエイツ
米国にある世界最大のヘッジファンド運用会社で、運用金額も世界一です。
2015年に、IBM社のシステムである「ワトソン」の開発技術者を招き、AI チームを設置しています。

順位氏名ファンド名報酬額
1位マイケル・プラットブルークレスト・キャピタル・マネージャー20億ドル(約2200億円)
2位ジェームズ・シモンズルネッサンス・テクノロジーズ18億ドル(約1980億円)
3位デビッド・テッパーアパルーサ・マネジメント15億ドル(約1650億円)
4位ケネス・グリフィンシタデル14億ドル(約1540億円)
5位レイ・ダリオブリッジウォーター・アソシエイツ9億ドル(約990億円)
6位イスラエル・イングランドミレニアル・マネジメント9億ドル(約990億円)
7位ダニエル・ローブサード・ポイント7.5億ドル(約825億円)
8位スティーブ・コーエンポイント72アセット・マネジメント7億ドル(約770億円)
9位アンドレス・ハルヴォルセンヴァイキング・グローバル・インベスターズ6億ドル(約660億円)
10位クリストファー・ホーンザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド・マネジメント6億ドル(約660億円)
(データ出所)ZUU ONLINE

おすすめの理由
・運用成績のマイナスなし、年間10%のリターンを継続
・手法は「バリュー投資」と「イベントドリブン投資」
・積極的に経営改善の働きかけや株主提案を実施
・ファンドの運用メンバーは、東大・京大などの一流大学卒
BMキャピタルの詳細はこちら
第2位 ヘッジファンド証券
第3位 ヘッジファンド証券

ranking_ban_2B.jpg

ヘッジファンド証券の詳細はこちら

1: 2022/06/15(水) 16:12:16.86 ID:CAP_USER

ヘッジファンドのブルーベイ・アセット・マネジメントは日本銀行と闘うつもりだ。

日銀は債券利回りを抑える取り組みを強めているが、ブルーベイは他の主要先進国・地域の金融当局の方向性に反するこの政策を日銀が放棄せざるを得なくなるとみている。ブルーベイの最高投資責任者(CIO)、マーク・ダウディング氏(ロンドン在勤)によれば、日銀のイールドカーブコントロール(YCC)は「維持不可能」だ。

同氏は13日のインタビューで「かなりの額の日本国債をショートしている」と語った。

インフレ高進で世界の債券利回りが上昇する中、トレーダーはますます日銀を試しつつある。元ゴールドマン・サックス・グループのチーフ通貨エコノミスト、ジム・オニール氏やJPモルガン・アセット・マネジメントのシーマス・マクゴレーン氏も日銀が最終的に金利を巡る姿勢を転換させると予想している。オーストラリア準備銀行(中央銀行)は昨年11月にYCCを放棄した。

10年物日本国債の利回りは13日に日銀がYCCで許容する変動幅の上限を突破し、日銀が国債の買い入れを加速させてより長期の国債をオペに含めることにした後も、高水準にとどまっている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-14/RDGD8UT0G1KW01

国債先物に一時ダイナミック・サーキット・ブレーカー発動
日本取引所グループによると、15日午後、国債先物市場でダイナミック・サーキット・ブレーカーが2回発動された。

同グループでデリバティブ取引を管轄する大阪取引所によると、大口の売り注文が入って直近価格から制限値幅の10銭を超えたところで約定が成立しそうになったことを受けて、午後1時54分と55分の2回、取引を一時中断したという。

国債先物市場でのダイナミック・サーキット・ブレーカーの発動について、取引所の広報は「いつ以来というデータはすぐに取れないものの、非常にまれなことだと理解している」と話している。
https://jp.reuters.com/article/tokyo-jpx-idJPKBN2NW0F3

ひろゆき@hirox246
日本国債は、本来、金利があがり価値が下がるはずですが、日銀が0.25%で無制限に買いまくり作戦なので価値が下がりません。

日本国債を空売り

日銀が国債買いまくりなので円安進む ヘッジファンドと国際金融市場

買い戻して決済するとドルベースで大儲け

ヘッジファンドが日本国債を売りまくってサーキットブレーカーが発動、日銀に政策変更を迫るも応じる可能性はなし

日銀上司「いいか、これから1分ごとに10億円づつ円売りドル買い介入を行う」
日銀部下「1分ごとに10億円も?」
日銀上司「そうだ1分ごとに淡々と売り続けるんだ。これから24時間売り続けるんだ。」
日銀部下「24時間ですか?」
日銀上司「そうだ。為替相場に終わりは無いんだ。もちろん交代要員も用意してあるが出来るだけ頑張ってくれ。」
日銀部下「はー、、。でも1分間に10億円だと1日に1兆円以上の資金が必要ですが?」
日銀上司「今、30兆円用意してある。当面はこれを使う」
日銀部下「それを使い切ったらどうするんですか?」
日銀上司「財務省が保有している200兆円もの米国債のうち、比較的短期のものを最大100兆円売って新たな介入資金を作る」
日銀部下「米国債なんか売っちゃっていいんですか?」
日銀上司「円売りで買ったドルで新たに米国債を買い、国庫に返還するので問題は無い。とにかく相手が折れるまで淡々と売り続けるんだ。休んだらヘッジの思う壺だ」
これを35日間続けました。 ヘッジファンドと国際金融市場
この結果アメリカのヘッジが2000社倒産しました。

>>6
イングランド銀行には勝ったからな
旧宗主国は倒したのに、有色人種に負けたのが不快だから
再戦を挑むんだろうね
まだキッシンジャーも生きてて、愛弟子のエマニュエルが駐日大使だし

無制限の売りを許したら、日本国債の信用がなくなる。
信用が無くなったら、日本国債を高金利でしか発行できなくなるんだよ?
日銀は意地でも張り合うし、絶対に負けてはいけない。

>>10
有名な日銀砲が撃たれたのは、2004年だから今から18年前
溝口善兵衛(現在76才)さん主導だな、島根県の県知事を3期務めた
黒田は溝口さんの1才上
ちょっと計算があわんけど
第2次安倍政権発足直後に未曾有の円高改正するために黒田バズーカ撃ってるからそちらかもしれん、2年くらいでドル80円が125円くらいになってた

>>12 ヘッジファンドと国際金融市場
張り合わなかったら日本が金で殺されるからだ、バカタレ
憲法9条を金融の場に持ち出すような思考停止は止めろ

>>16
世界中の金利が上がってるからと言って日本もあげないといけない因果関係が分からん
それをいうなら世界中の国が軍隊もってるんだから、日本も軍を持たないといけない方が先だし急務だわ

>>3
これを待ってたwww
案外このコピペ知らないヤツらが多くて驚いたわw

※18
金利の国際的な因果関係が分からないとしたら
なぜ韓国がアメリカに追随して金利上げたか理解できるまでROMってたほうがいいよ。

*20
どう見るかだ
まだまだ心眼が足らぬ

>>20
新興国が、アメリカ未満の利率になったら
韓国から資本が引き上げられて韓国の外貨が死ぬ=ウォン大暴落するからだろ、ボケェ!!
利率の低い韓国国債売って、高利率のアメリカ国債買わなかったらバカか白痴だ
世界唯一の赤字中央銀行を擁する韓国と、日本の金融信用が同等だと思い込んでる前提がおかしい

ID:MzEyNTA0N を見れば、中国韓国を教育しても無駄なことがよく分かりますね
こいつら正しい情報を与えても中韓理論でごねて、日本毀損の結論にしかならないのよ

>>3
これであの蝶ネクタイ爺のジムロジャースも大損こいたんだよな・・・
それ以来日本を目の敵にしてるらしいがw

ヘッジファンドありがとう。
これで堂々と、日銀は日本国財政支援できるわ。
新発国債もひっくるめてかっちゃうもんね。
日本が他国とちがうのは、国民が現金じゃぶじゃぶになっても、将来不安とかチキンな性格なので、しっかりため込む国民性で、需給ひっぱくしないからハイパーインフレなんておこらないし。

>>24
日銀が退けたアメリカ禿げ鷹にボロ負けたイングランド銀行なんかゴミだ
ロシアにウクライナ東部を割譲しろ(ロシアのエネルギー寄こせ)という独仏伊がトップレベルのEUはイングランド以下だ

日銀=円のほうが強いから金利は上げなくていいんだよ
日本人は麻痺してるが、金がその額面のまま保護されるというのは、それだけで充分治安と信用があるということだからな
中国なんか8000億円の銀行預金封鎖になってる
お前が日本のへばりつくのを止めて中国韓国アメリカ英EUに行ったら考えてやるわw

※31
円が強いから金利を上げなくていい?
いつからドルより強くなった?

外国と違って日本国債の保有者は日本の主体。
日本国内の主体が国債投げて海外に資金移動しなきゃ国債は暴落しないよ。
でも日本の機関投資家の身になってかんがえてみろよ。
原油価格は下がって、ちょっと2割ほど円高になれば、金利差の10年分以上の損しちゃうんだぜ。メガバンでさえ、倒産レベルの損失出るぞ。 ヘッジファンドと国際金融市場
結局、円でもってるでしょ。

※33
どうして円がドルと敵対する前提で考えているんだい
そんなことは誰も考えてないと思うが

また米国のファンドが惨敗するのか
前も同じ事やっていっぱい潰れただろ
いい加減学べよw

※33
日本人じゃないから分からないだろうけど、日本はアメポチって言われるくらいには米と親密なの
そしてアメリカが日本に何か不利な事をするときは、アメリカ市場が混沌としそうなときだけなの

は韓国人か中国国籍の朝鮮族だな
すぐ論点をずらす(韓国人の交渉術の画像で有名w)
なーんも学ばない・教えても学習しない
円がドルより強いとは一言も言ってないのに、離間工作でドル円を無理やり対立させる

>>17
日本国債空売りの円空売りの2段でも、いつかは買い戻すんやで?
どこかで逆回転が始まったら、ヘッジファンドでも吹っ飛ぶ。

どの勢力がやってるの?
何の目的でやってるの?
教えてエロい人

>>37
逆説的だが、アメリカが急激な円安を放置してるのは黙認してるから
でもあるわな

2020年大統領選を見れば分かるが、アメリカも一枚岩じゃないから混沌としてるが
あの!反日アメリカ民主党が、中国潰しに舵をきった? と
日米半導体協定後に、日本潰しのために中韓を育てたら、恩知らずの上に制御不能のモンスターになってしまって「なんで中韓人は日本と同じ有色アジア人なのに、金と教育機会を与えても感謝もしないし、日本人のように働きもしないし、朴李と犯罪ばかりで約束も守らないんだ!」と慌てて対処してる之図

よくわからんが、
日本のいわゆる借金をハゲタカさんに買い取ってもらって
日本の財政をいっきに健全化するチャンスってことなのか?

日銀ならなんだって出来そうだしな。
なんかかっこいい名前付けて新しい必殺技名を編み出して
この際ハゲタカどもには格好良い悪の組織っぽい命名をして
日本の健全化ついでにハゲタカ連中には引導を渡して
現世界からご退場願おうよw

あーあ、本当に手出したんだ。
もう後戻り出来ないぞ。どっちかが潰れるまでだ。
ハゲタカは次の就職先さがしとけよ。

ハゲタカは基本何か買ったら、別の何かを売らなきゃいけないんだよ
売る対象が日本国債に集中してるだけで、
買ったものを利確したら売った日本国債買い戻すよ

「日銀は永遠のハト派」 ヘッジファンドは140円狙い

今日は日銀金融政策決定会合があった。
既に日銀が無制限指し値オペを毎日実施に踏み切ったことは、結果的に「寝た子を起こす」ことになった。
それまで日銀の動きには無関心であった外国人投機家たちまでが、円売りトレードに新規参入するキッカケになったのだ。
円キャリートレードという懐かしい言葉まで「復活」した。
これまで毎回スルーしてきた日銀金融政策決定会合も注目されるようになった。
今は、日銀が語れば語るほど、円安に打つ手なしの実態が露わになるからだ。
可能性は極めて低いが「万が一、日銀が介入してくれたら、チャンス」とヘッジファンドは身構えている。
世界の利上げへの流れに逆らって日銀が独自に動いても、勝ち目はない。
日銀金融政策決定会合の日の日本時間昼過ぎ(声明文発表)と午後3時半過ぎ(総裁会見)には、深夜のNYからヘッジファンドのチェックが入ることも常態化したきた。
ECB、スイス、英国、オーストラリアなど主要国中央銀行の利上げも相次ぎ、利上げドミノといわれるまでになった。
その中で、日銀だけがひたすら「大規模金融緩和政策を維持」しており、我が道を行く、或いは行かざるを得ない日銀の存在が浮き彫りになる。
FRBの利上げが0.75%から1%になれば140円も視野に入る。

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

    ヘッジファンドと国際金融市場
  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

金の果実シリーズ 純金(1540)/純プラチナ(1541)/純銀(1542)/純パラジウム(1543)/上場信託(現物国内保管型ETF)

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

  • 本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏付けとした個別の商品です。
  • 本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2010年6月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • 本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • 本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • 本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • 本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
  1. 当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  2. 小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  3. 貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  4. 転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • 本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • 本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • 本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • 金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • 本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • 本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • 本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • 本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • 本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。 およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

外部サイトリンク

リンク先のページを開く

サイトに戻る

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは金市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Gold Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Gold Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Gold Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Gold Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World Gold Council及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Gold Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートはプラチナ市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Platinum Investment Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Platinum Investment Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Platinum Investment Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Platinum Investment Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World Platinum Investment Council及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Platinum Investment Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは貴金属市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートは三菱商事RtMジャパン株式会社の許可を得た上で掲載しております。著作権は三菱商事RtMジャパン株式会社に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、三菱商事RtMジャパンが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性について三菱商事RtMジャパン及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、三菱商事RtMジャパン及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問には三菱商事RtMジャパン及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

ブログの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載の情報は、貴金属市況に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
●次画面掲載の文章は豊島逸夫氏の許可を得た上で掲載しております。著作権は豊島逸夫氏に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載の情報は、すべて豊島逸夫氏の個人的見解であり、当社の見解を示すものではありません。
●次画面掲載の情報の正確性、完全性について豊島逸夫氏及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、当社は一切責任を負いません。
●次画面掲載の情報に関するご質問には豊島逸夫氏及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

1: 2022/06/15(水) 16:12:ヘッジファンドと国際金融市場 16.86 ID:CAP_USER

ヘッジファンドのブルーベイ・アセット・マネジメントは日本銀行と闘うつもりだ。

日銀は債券利回りを抑える取り組みを強めているが、ブルーベイは他の主要先進国・地域の金融当局の方向性に反するこの政策を日銀が放棄せざるを得なくなるとみている。ブルーベイの最高投資責任者(CIO)、マーク・ダウディング氏(ロンドン在勤)によれば、日銀のイールドカーブコントロール(YCC)は「維持不可能」だ。

同氏は13日のインタビューで「かなりの額の日本国債をショートしている」と語った。

インフレ高進で世界の債券利回りが上昇する中、トレーダーはますます日銀を試しつつある。元ゴールドマン・サックス・グループのチーフ通貨エコノミスト、ジム・オニール氏やJPモルガン・アセット・マネジメントのシーマス・マクゴレーン氏も日銀が最終的に金利を巡る姿勢を転換させると予想している。オーストラリア準備銀行(中央銀行)は昨年11月にYCCを放棄した。

10年物日本国債の利回りは13日に日銀がYCCで許容する変動幅の上限を突破し、日銀が国債の買い入れを加速させてより長期の国債をオペに含めることにした後も、高水準にとどまっている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-14/RDGD8UT0G1KW01

国債先物に一時ダイナミック・サーキット・ブレーカー発動
日本取引所グループによると、15日午後、国債先物市場でダイナミック・サーキット・ブレーカーが2回発動された。

同グループでデリバティブ取引を管轄する大阪取引所によると、大口の売り注文が入って直近価格から制限値幅の10銭を超えたところで約定が成立しそうになったことを受けて、午後1時54分と55分の2回、取引を一時中断したという。

国債先物市場でのダイナミック・サーキット・ブレーカーの発動について、取引所の広報は「いつ以来というデータはすぐに取れないものの、非常にまれなことだと理解している」と話している。
https://jp.reuters.com/article/tokyo-jpx-idJPKBN2NW0F3

ひろゆき@hirox246
日本国債は、本来、金利があがり価値が下がるはずですが、日銀が0.25%で無制限に買いまくり作戦なので価値が下がりません。

日本国債を空売り

日銀が国債買いまくりなので円安進む

買い戻して決済するとドルベースで大儲け

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる