外国為替(FX)

無料のストップロス自動設定

無料のストップロス自動設定
ロボックス師匠

無料のストップロス自動設定

まずは、「気配値」画面を開き、新規注文したい通貨をタップします。

すると、下の画像のように選択項目が出てくるので、「トレード」をタップすると、注文画面に行くことができます。

チャート画面から注文画面に行く方法

1つ目は、「チャート」画面を開き、チャート画面をタップします。

すると、選択項目が出てくるので、「トレード」を選択すれば、注文画面に行くことができます。

2つ目は、「チャート画面」から画面右上の「トレード」をタップすると、注文画面に行くことができます。

注文画面の解説

通貨ペアとは、取引を行う2国の通貨の組み合わせです。

左側の通貨を「基軸通貨」と呼び、 支払う通貨 を表します。
右側の通貨を「決済通貨」と呼び、 無料のストップロス自動設定 購入する通貨 を表します。

  • ストリーミング注文(即時実行)…成行注文を意味し、現在の価格で注文を出す方法
  • Buy Limit…「指値買い」を意味し、現在より低い価格を指定し、その価格になったら買う方法
  • 無料のストップロス自動設定
  • Sell Limit…「指値売り」を意味し、現在より高い価格を指定し、その価格になったら売る方法
  • Buy Stop…「逆指値買い」を意味し現在より高い価格を指定し、その価格になったら買う方法
  • Sell 無料のストップロス自動設定 Stop…「逆指値売り」を意味し、現在より低い価格を指定し、その価格になったら売る方法

MT4での注文は「Lot」で行われ、 1Lot=10万通貨 ということを覚えておきましょう。

ストップロスとは、損切り設定を意味し、どれくらいの範囲の損失までポジションを持ち続けるかを設定できます。

テイクプロフィットとは、利確設定を意味し、これくらい利益が出たら決済するという、一定の利益額を設定できます。

スリップページとは、注文時に指定したレートからずれた価格で約定することを表します。

通常は 約定よりも価格を優先し、スリップページを狭く設定べき です。

左側の価格が売値を表し、右側の価格が買値を表します。

左側の赤い枠「 売(Sell by Market) 」が売りを表し、右側の青い枠「 買(Buy by Market) 」が買いを表しており、どちらかをタップすると、実際に売りか買いのどちらかの注文が実行されます。

【MT4アプリ版】2種類の新規注文方法

成行注文とは、注文画面に表示されている現在価格で新規注文をする方法です。

  1. 取引したい通貨ペアの選択
  2. 注文方法はストリーミング注文(即時実行)
  3. 取引したい通貨数の選択
  4. 買いか売りかをタップ

1.取引したい通貨ペアの選択

2.注文方法はストリーミング注文(即時実行)

成行注文の場合、注文方法は「ストリーミング注文(即時実行)」に設定しましょう。

注文方法をタップすると、注文方法の一覧が表示されます。
「画像」
初期設定で「ストリーミング注文(即時実行)」となっているので、もともと設定されている方はいじる必要はありません。

3.取引したい通貨数の選択

左右に配置された「+0.01,+0.1,-0.01,無料のストップロス自動設定 -0.1」をタップして設定してもいいですし、真ん中の数字をタップすると直接入力できますよ。
「画像」

4.買いか売りをタップ

指値・逆指値注文

指値・逆指値注文とは、その場の価格で取引を行う成行注文とは異なり、指定したレートに到達した時点で自動的に注文が成立する方法です。

  • 現在のレートより・・・
  • 下がってから買う&上がってから売る…指値注文
  • 上がってから買う&下がってから売る…逆指値注文
  1. 通貨ペアを選択
  2. 注文方法を選択
  3. Lot数を選択
  4. 買いか売りかをタップ

通貨ペアを選択

注文方法を選択

無料のストップロス自動設定
注文方法 意味 注文内容
Buy Limit 指値買い 下がってから買う
Sell Limit 指値売り 上がってから売る
Buy Stop 逆指値買い 上がってから買う
Sell Stop 逆指値売り 下がってから売る

Lotを選択

左右に配置された「+0.01,+0.1,-0.01,-0.1」をタップして設定するか、真ん中の数字をタップすると直接入力できますよ。
「画像」

買いか売りかをタップ

【MT4アプリ版】3種類の決済注文方法

成行決済とは、保有ポジションを現在価格で決済する方法です。

  1. 「トレード」メニューにある決済したいポジションを長押し
  2. いくつかの選択項目から「クローズ」を選択
  3. オレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ

「トレード」メニューにある決済したいポジションを長押し

まずは、MT4アプリの画面下にある「トレード」をタップ。すると、損益画面が表示されます。
「画像」

損益画面内の「ポジション」欄にある決済したいポジションを「長押し」しましょう。
「画像」

いくつかの選択項目から「クローズ」を選択

決済したいポジションを長押しすると、以下の画像のような選択項目が表示されます。一番上の「クローズ」をタップしましょう。
「画像」

オレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ

画面の真ん中にあるオレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ。これで決済完了です。
「画像」

OCO注文

OCO注文とは、現在の注文に対して、損切りする価格と利確する価格の両方を設定しておき、どちらかが成立したらもう一方はキャンセルされるという、便利な予約型決済です。

  1. 「トレード」メニューにある決済したいポジションを長押し
  2. いくつかの選択項目から「注文変更」を選択
  3. ストップロス&テイクプロフィットの価格を設定し、「注文変更」をタップ

「トレード」メニューにある決済したいポジションを長押し

まずは、MT4アプリの画面下にある「トレード」をタップ。すると、損益画面が表示されます。
「画像」

損益画面内の「ポジション」欄にある決済したいポジションを「長押し」しましょう。
「画像」

いくつかの選択項目から「注文変更」を選択

決済したいポジションを長押しすると、以下の画像のような選択項目が表示されます。「注文変更」をタップしましょう。
「画像」

ストップロス&テイクプロフィットの価格を設定し、「注文変更」をタップ

画面が変わるので、ストップロスとテイクプロフィットの価格を設定し、下の「注文変更」をタップすれば完了です。
「画像」

分割決済とは、既に注文したポジションを一括で決済するのではなく、何回かに分けて決済していく方法です。

  1. 「トレード」メニューにある分割決済したいポジションを長押し
  2. いくつかの選択項目から「クローズ」を選択
  3. 分割決済したい分のLot数を選択
  4. オレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ

「トレード」メニューにある分割決済したいポジションを長押し

まずは、MT4アプリの画面下にある「トレード」をタップ。すると、損益画面が表示されます。
「画像」

損益画面内の「ポジション」欄にある決済したいポジションを「長押し」しましょう。
「画像」

いくつかの選択項目から「クローズ」を選択

分割決済したい分のLot数を選択

画面が変わったら、分割決済したい分のLot数を選択しましょう。
「画像」
注意として、 ここで設定するLot数は残しえおきたい数量ではなく、決済した数量 だということを間違わないで下さい。

オレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ

画面の真ん中にあるオレンジ色のバナー「Close with Profit ○○」をタップ。これで決済完了です。
「画像」

【MT4アプリ版】新規&決済の同時注文方法

IFD注文・IFO注文とは、最も多くのトレーダーが利用している注文方法で、新規と決済を同時に予約注文できる方法です。

  • ストップロスまたはテイクプロフィットのどちらかを設定する…IFD注文
  • ストップロスまたはテイクプロフィットの両方を設定する…IFO注文
  1. 取引したい通貨ペアの選択
  2. 注文方法を選択
  3. 取引したいLot数を設定
  4. ストップロス、テイクプロフィットを設定
  5. 買いか売りをタップ

取引したい通貨ペアの選択

注文方法を選択

注文方法 意味 注文内容
Buy Limit 指値買い 下がってから買う
Sell Limit 指値売り 上がってから売る
Buy Stop 逆指値買い 上がってから買う
Sell Stop 逆指値売り 下がってから売る

取引したいLot数を設定

左右に配置された「+0.01,+0.1,-0.01,-0.1」をタップして設定するか、真ん中の数字をタップすると直接入力できますよ。
「画像」

ストップロス、テイクプロフィットを設定

損切ラインである「ストップロス」と利確ライン「テイクプロフィット」を設定しましょう。

ちなみに、「スリップページ」も設定しておくといいですよ!

買いか売りをタップ

個人的には最後に説明した 「新規&決済注文を同時に行う注文方法=IFD・IFO取引」を行い、利益が出始めたら「分割決済」で徐々にポジションを決済していくのがおすすめ ですよ!

こんにちは、メタ男と申します。 私は、FXとギターが趣味の36歳独身平民。IT企業で働きながら、副業でこっそりFXをしております。使っている口座はXMです。 去年初めて年間収益がプラスになったのでこのサイトを作ってみました(笑)共に頑張りましょう!!

海外FXのストップレベルとは?スマホからストップレベルを確認する方法も解説

ロボックス師匠

海外FXのストップレベルとは?

ストップレベルとは、 指値/逆指値注文、もしくはストップロス/テイクプロフィットといった予約注文を入れる時に、現在値から予約できる価格までの値幅(pips)のこと です。

つまり、「現在値からどれだけ離れた価格に注文しなければいけないか」を表す指標であり、ストップレベルは狭い方がトレーダーにとって有利な取引をすることができます。

例)ドル円を1ロット取引する時の損益は1pipsで±1,000円

スキャルピング取引では、ストップレベルが広いほど取引パフォーマンスに与える影響も大きくなるため、スキャルパーにとっては深刻な問題になるのです。
※スキャルパーとはスキャルピング取引する人のこと。

ストップレベルに注意すべき取引例

指値、逆指値

20ポイントは「2.0pipsのストップレベル」を表しており、現在値よりも±2.0pips以上の価格でのみでしか予約注文することはできないことを意味しています。

ストップロス、テイクプロフィット

つまり「損失は最大2.0pipsまで許容し、利益は10pips狙いたい」という意図の発注です。ただし、赤い矢印の部分に先ほどと同じ注意書きがあります。

トレーリングストップ

トレーリングストップとは、指定(注文)したストップロス・ラインを相場の値動きに応じて自動で移動(ストップロス・ラインを引き上げる or 引き下げる)させる取引手法です。

無料のストップロス自動設定

例えば、ポンド円(GBPJPY)などは、ストップレベルが5.0pips以上に設定されているFX業者も多いため、ストップレベルが広い通貨ペアでトレーリングストップを利用する場合は注意が必要になるでしょう。

EA(自動売買)

そのため、ストップレベルの数pipsの値幅によって注文エラーが発生したり、トレーリングストップが機能しなくなるなど、EAのパフォーマンスに支障をきたす可能性があります。

主要な海外FX業者のストップレベルを比較

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD
XM0.無料のストップロス自動設定 0pips0.0pips0.0pips0.0pips
Titan FX0.無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定 0pips0.0pips0.0pips0.0pips
AXIORY0.0pips0.0pips0.0pips0.0pips
GEMFOREX2.0pips2.7pips5.4pips2.0pips
BigBoss
スタンダード口座
1.0pips1.0pips1.0pips1.無料のストップロス自動設定 0pips
HoltForex
プレミア口座
3.0pips5.0pips3.0pips3.0pips
無料のストップロス自動設定

上記表の通り、 XM, Titan FX, AXIORYでは、ストップレベルが全通貨ペア0.0pips に設定されています。

ストップレベルの有無は、海外FX業者を選ぶ際にチェックしておきたい1つの仕様です。ただし、「ストップレベルが0.0pipsのFX業者ならスキャルピングに適しいる」とは必ずしも言えません。

また、裁量取引でスキャルピングする場合はストップレベルを気にする必要はないでしょう。

ストップレベルを確認する方法

ロボックス師匠

【MT5】水平線の引き方・移動・削除・色変更・数値入力・同期・アラート設定

MT5-Horizontal-Line-1

MT5

新着記事

水平線を描画する

水平線を移動する

水平線を削除する

水平線の色・線種・線幅を変更する

水平線の価格数値を指定・変更する

水平線をワンクリックで選択する

水平線を同期するインジケーター

水平線にアラート設定

MT5を使い始めの頃は、インジケーター「Trend Lines Crossing」で水平線を引いてアラートが鳴るような使い方をしていましたが、
BTCUSDトレードにおいては、MT5の水平線とトレンドラインは大きくズレる致命的なデメリットがあるので、
水平線やトレンドラインへのアラート設定はしなくなりました。

水平線にアラート設定できる無料インジケーター(追記:2022-04-22)

MT5-My-chart-tab2-2

水平線を引くだけで適正ロットを自動計算するインジケーター(追記:2022-04-25)

MT5-Position-Size-Calculator-7

MT5で水平線を引くだけで適正ロットを自動計算できる無料インジケーター「Position Size Calculator」についての記事です。トレードしやすくなる使い方・見やすくなる水平線の色や線種の設定・正常動作を確認しているインジケーターの組み合わせ、などを記述。

【初心者向け】トラリピ設定づくり攻略 | ゼロから設定がつくれる

【初心者向け】トラリピ設定づくり攻略 | ゼロから設定がつくれる

トラリピをレビュー

トラリピってなに?という疑問に答えます。 基本をゼロから解説しつつ、実際に 運用している実績もすべて公開しています。

トラリピの設定づくりをゼロから解説

トラリピをはじめてみたい!・はじめたはいいけど設定がつくれない…。といった方のためにゼロから解説しています…!

現在の設定

  • 2018年6月:NZドル米ドル(NZD/USD)
  • 2019年3月;カナダドル円(CAD/JPY)
  • 2019年4月:豪ドル米ドル(AUD/USD)
  • 2019年5月:ユーロ円(EUR/JPY)
  • 2019年5月:メキシコペソ円(MXN/JPY)

無料のストップロス自動設定無料のストップロス自動設定 無料のストップロス自動設定
通貨ペア ハーフ
&
ハーフ
売買 取引
単位
レンジ トラップ幅 利益幅
NZD/USD 1000 0.6〜0.7ドル 0.001ドル 8ドル
0.7~0.8ドル
CAD/JPY 1000 75~80円 0.2円 800円
80~85円 0.1円
1000 85~90円 0.1円
90~95円 0.2円
AUD/USD 1000
0.65〜0.8ドル 0.002ドル
6ドル
0.8〜0.95ドル
EUR/JPY 1000
95~120円0.25円
800円
120〜145円
MXN/JPY 1000 4.8〜6.0円 0.06円 600円

買い

【初心者向け】トラリピ設定づくり攻略 | ゼロから設定がつくれる

売り

【MT5(MT4)の使い方】海外FXの「取引方法」を解説します!

Exness(エクスネス)【MT4 / MT5】インストールとログイン方法 Exness(エクスネス)では【MT4(またはMT5)アプリ】を使ってトレードをします。 口座開設をおえたら、Exness会員ページか.

その前に 無料のストップロス自動設定 「MT5かMT4か」、「WindowsかMacか」のどっちがいいのか について個人的な意見を短く書きます。

MT5かMT4のどっちがいいのか?

まだMT4のみ対応のブローカーも多いです。

MT5とMT4の操作方法はかわりません。

できることにも大きな違いはないです。

まとめるとMT5かMT4かを選べる場合には、 裁量トレーダーはMT5、EAトレーダーはMT4となります。

これから主流になっていくのはMT5なので、できればMT5口座をおすすめします。

パソコンはWindowsかMacのどっちがいいのか?

XMTradingのプラットフォームページ

Windowsならば「PC対応」を、Macはそのまま「Mac対応」をクリックしますが、

トレード目的ならば、 Windowsを推奨します。

主観ですが、一部クリエイターが片手間にトレードする以外ではWindowsがいいです。

ちなみにMT4 / MT5の 「WebTrader」 はウェブブラウザからトレードができます。

FXの基本(MT4 / MT5の注文方法・利益確定・ストップロス)について

メタトレーダーを使ううえでもFXの基本として次の「流れ」を覚えておけばOK!

USDJPY、EURUSDといった 「 銘柄( 通貨ペア)」 を指定します。

ちなみにFXで取引すべきおすすめの通貨ペアについてはこちらの記事で詳しく解説!

通貨ペアは、銘柄名の先頭の通貨の名前を意識することが大事で、その通貨を買うか売るかです。

USDJPYだったらUSDの価値が (JPYに対して) 上がっているか下がっているか、

EURUSDだったらEURの 価値が (USDに対して) 上がっているか下がっているかです。

「タイプ(注文方法)」 を、

「買い」か「売り」を即実行する 「成行注文」 か、

Buy Limit(買い指値)」、「Sell Limit(売り指値)」といったある「価格」になったら「買い」か「売り」を実行する 指値注文 (その場合 「価格」 も指定)かを選択します。

「数量」 で保有する「ロット」を指定します。

0.10が1万通貨です。 無料のストップロス自動設定

「Stop Loss(ストップロス)」はその「価格」になったら損切りをする「損切り注文」、

「Take Profit(テイクプロフィット)」はその「価格」になったら利益確定をする「利確注文」です。

「成行注文」 は 「ロット数」 を指定して、そのまま 「赤い売りボタン」 か 「青い買いボタン」 を押すことによって 即ポジションを保有します。

「指値注文」は「 価格」と 「 ロット数」 を指定して 「発注ボタン」 を押すことによって予約を入れておくという注文方式となります。

MT5(MT4)の操作方法

上記の「注文方法(成行・指値)・テイクプロフィット(利益確定)・ストップロス(損切り)」について理解したら、

慣れていないうちは ウィンドウの配置が ごちゃちゃしてわかりずらく感じますが、 使うところは限られてきますので、よく使う箇所を解説します。

言語を設定する

まず確認することは「言語」が日本語 になっているかです。

MT5メニューの表示から言語を選択

英語表記の場合、ウィンドウメニューの「View」「Languages」から「Japanese」にします。

言語を変更するとアプリの再起動が必要ですので「Restart」を押します。

ツールバーによく使う機能を出しておく

MT5メニューの表示からツールバーのすべてにチェックを入れる

チャートアイコンでは、 バーチャートではなく 「キャンドルスティック」 にすること。

MT5のツールバーでバーチャートからキャンドルスティックにする MT5の時間足の設定

よく使うのは 「拡大・縮小」、「自動スクロール」、 「チャートの右側をあける」、 無料のストップロス自動設定 「時間足の変更 」 です。

通貨ペアとチャートの表示

「気配値表示」 から通貨ペアを選択します。

MT5メニューの表示から気配値表示を選択

左上ウィンドウメニューの「表示」「気配値表示」をクリックして、

「気配値表示」のなかから対象の通貨ペアを右クリックして「チャートウィンドウ」をクリックして チャート表示させます。

取引したい銘柄(通貨ペア)がない場合、「気配値表示」のなかで右クリックして「全て表示」から銘柄を選びます。

同じく右クリックの 「銘柄一覧」から選ぶ場合には 「Forex」が通常よく取引する通貨ペアのことです。

「CFDs」には各国の株価指数、原油といったエネルギー、ゴールドといった貴金属、そのほか砂糖、ココア、コーヒー、コーンといった商品(コモディティ)もあります…、

が、もし「Forex」 以外の銘柄を はじめて取引する場合にはこちらもみてください!

チャート左上の注文ボタン

ワンクリック注文は素早く発注できますが、初回は免責事項に同意チェックが必要です。 オンにするならロット数と誤 タッチに注意!

ワンクリック注文のオン・オフの切り替えはメニューから「オプション」→「取引タブ」ワンクリック注文のチェック欄でします。

注文ボタンの真ん中の数字でロット数を指定してSELL(売り)BUY(買い)のボタンを押すとポジションを保有しますが、

ワンクリック注文モードがオフの場合はさらに 注文ウィンドウが出てきます。

ツールボックスから口座情報を確認

MT5では 「ツールボックス」 を表示させて、ご自身の口座資金、指値の注文内容や保有ポジションについてはこのエリアで確認します。

MT4では 「ターミナル」 といういい方をします。

左上ウィンドウメニューの「表示」「ツールボックス」をクリックして表示させます。

MT5メニューの表示からツールボックスを選択

ボーナスのあるブローカーの場合、MT5およびMT4上ではボーナスはクレジットと表記されています。

決済・部分決済の実行、指値注文内容の変更・取り消しができます。

一番右端の「×」マークをクリックしても決済します。

決済の注文ウィンドウがでてくるので、そのなかのボタンをクリックして成行の決済です。

ワンクリック注文モードが オン の場合は 注文ウィンドウは省略されるので注意。

チャート上の発注の仕方と注文内容の設定・変更

ワンクリック注文あるいは注文ウィンドウから発注してポジションを保有すると、 チャート上には保有したポジションの価格にラインが入ります。

MT5メニューのチャートからチャート上に表示するものを選択

注文ウィンドウからテイクプロフィット(利確注文)ストップロス(損切り注文)を設定してもいいのですが、

例えば 買い の場合、

保有した価格のラインからドラッグして上に引っ張ると「利益確定注文(テイクプロフィット)」、下に引っ張ると「損切り注文(ストップロス)」を簡単に設定できます。 無料のストップロス自動設定

つまり、エントリーとターゲットからストップまでをチャート上で分析しながらおこなえる!

テイクプロフィットとストップロスは、エントリー価格から近すぎると音が鳴って設定が通りません。

チャート上で買いたいところで右クリックすると「Buy Limit、ロット数、価格(ここまで下がったら買うということ)」が表示されるのでチャート上からでも注文ができます。

  • 成行注文と指値注文によってポジションを保有できること
  • テイクプロフィット(利益確定)とストップロス(損切り)を設定できること

自動トレーリングストップ機能

ポジションを保有して、ある程度の含み益を得ていればストップロスを自動的に追っかけてくれる 「トレーリングストップ」 という機能があるので一応覚えておきましょう。

これにより損失が出ないことを確定させることができます。

チャート上のレート付近か、ツールボックスの保有ポジションを右クリックして「トレーリングストップ」を有効にします。

高値を更新するごとに自動的にストップを上げていきますが、高値から追いかけるストップの距離を指定できます。 10pointは1pips。

ちなみにスマホアプリにこの機能はないです。

MT4 / MT5のアップデートについて

メタトレーダーのアップデート画面

MT4 / MT5の取引レポートの参照方法

MT5のツールボックス(MT4はターミナルウィンドウ)の「口座履歴」を右クリックして「指定のカスタム設定」で指定した期間(1年など)を設定し、「レポートの保存」を右クリックします。

MT4 / MT5はFXで勝つための必須ツール

メタトレーダーは本当に高機能です。 国内のFX専用アプリではできないことができます。 無料のストップロス自動設定

注文から分析・検証、インジケーター拡張、プログラム売買(EA)など、 やろうと思えばできることが多いところがポイントですね。

スマホアプリのMT4 / MT5はシンプルすぎます。ただし物足りないというよりは、このシンプルさが初心者にとっては使いやすいともいえます。

MT5(MT4)では 分析から取引までをこれで完結できること が最大のメリット。FXで勝つためにはこの取引ツールを使いこなしていくことが必須となるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる